ピックアップ

苦しい中守り切ってチャンスを活かした(vs南葛SC)

株式会社三和製作所プレゼンツ 関東サッカーリーグ前期5節 ブリオベッカ浦安vs南葛SC
2−0で勝利

スターティングメンバー
GK:谷口 裕介
DF:笠松 亮太,西袋 裕太,石井幹人
MF:加藤 大育,富塚 隼,橋本 龍馬,小泉 隆斗,伊川 拓
FW:峯 勇斗,秋葉勇志

ベンチスタート
GK:本吉 勇貴
DF:藤岡 優也
MF:冨樫 凌央,伊藤 純也,平野 貫路
FW:林 容平,井上 翔太郎

試合概要

天皇杯出場決定戦を前週に制し、勢いに乗る浦安。しかしタイトル(千葉県選手権優勝)の喜びを味わった次の試合、実はメンタルのコントロールは非常に難しかった。南葛SCは元日本代表の稲本選手がスターティングメンバー入りしボランチで試合をコントロール。浦安の選手たちは安全に戦う気持ちが出てしまい、前半は攻めきれず南葛SCのペースに呑まれてしまう。0−0で折り返した後半、ハーフタイムでの都並監督の「指導」で気持ちを切り替えた浦安は攻めの気持ちを前面に出し始める。南葛SCの効果的な攻撃に手を焼きながら、GK谷口のナイスセーブに支えられ0−0で推移。後半25分に出場した井上が2得点をして試合を決定付けた。

詳細

立ち上がり3分までは浦安のペース。ゴール前にボールを運ぶがシュートチャンスを得られず。試合が落ち着き始めると次第に南葛SCがボールをコントロールし始める。浦安の選手は思い切った攻撃をできず、中盤でボールを後ろに戻してしまい、これを狙われてピンチを招いてしまう。

(セットプレイで守る浦安)

サイドの加藤、小泉が積極的に前に出るが早めに寄せられてクロスに行くことが出来ない。前半32分に峯がダイレクトシュートを放つがGK正面。

前半アディショナルタイムの相手CKを凌いでハーフタイム。

有料試合ながら久々に1000人をこれる入場者で賑わった

ハーフタイムでコーチ陣からメンタル面での厳しいアドバイスで気持ちを切り替えた浦安。後半3分にペナルティーライン左からのフリーキック。笠松が頭で合わせて決まったかに見えたがGKに当たり、その跳ね返ったボールをゴールラインギリギリで攻防。会場は騒然としたが得点にはならず南葛が守った。

後半7分。スローインから笠松がつなぎ、センターで峯が体を回転しながら相手をかわして飛び出した秋葉にスルーパス。秋葉は振り向きざまにシュートを放つが相手GK正面。後半2回目の見せ場もゴールならず。

後半25分に秋葉と富塚を代えて井上と冨樫を投入。

後半26分には南葛SCが見せ場を作る。途中交代の佐々木竜太選手が飛び出してGK谷口と1対1でシュート。

谷口が弾いたところをまた南葛SCの選手がシュートを浴びせかける。あわや失点かと思われた瞬間、西袋がゴール内側から足を当ててセーブ。

会場全体がため息と歓声に包まれた瞬間。

その後、浦安はディフェンスラインを中心に中盤とパス交換をしながら何度も体制を作り直す。石井の左足のロングフィード、西袋の右足のロングフィードとサイドラインを走らせる。そして後半28分に左コーナーキックを獲得。しかしクリアボールを繋がれてGK谷口が飛び出したところを狙われヒヤッとした。

後半31分に西袋が大きく出したボールに井上が走り込み相手GKにプレッシャーを与えコーナーキックを獲得。西袋と石井が交錯しながらヘディングしたボールは後ろに戻り、ここに飛び込んだのは伊川。頭で前線に送ると井上が得意の胸トラップをしながら(筆者はこのままオーバーヘッドシュートかと思ったほどのタイミング)ボールをうまくコントロールして回転しながら相手2名を抑え込みながらゴールに押し込んだ。執念のゴール。

胸トラップからの

シュート!

どうだ!とばかりにベンチを指差してゴールをアピールする井上。

その興奮冷めやらぬ3分後、南葛SCのコーナーキックからヘディングシュート。GK谷口が決死のセーブ。

後半37分に石井を代えて藤岡。

この藤岡は仙台大学での石井の1年後輩で一緒にセンバーバックを守っていた仲。ロングボールを入れて残りの時間で得点を目指す南葛SCのボールを弾き返す。

アディショナルタイムは4分。どんどんボールを放り込む南葛SC。アディショナルタイム3分。自陣のペナルティーラインでボールを奪ったのはその藤岡。周りを見ながら相手がプレッシャーに来ないことを確認して加速した。

そのまま相手陣営のペナルティーエリアまで相手選手を引きつけながらドリブルして、左サイドを駆け上がった井上にパス。井上はフェイントをかけながらゴールを決めた。

会場が最も盛り上がった瞬間だ。

残り1分に峯に代えて林容平を投入。その林が前線でボールを追いかけ、残り時間の相手の攻撃の芽を摘む。そして試合終了。

この日のMoM(Man od the Much)はもちろん井上選手。ヒーロインタビューにはGK谷口選手も呼ばれた。

他会場の結果を受けて、リーグ2位に再浮上した。井上は得点ランキング2位。

 

都並監督コメント:相手チームに研究をされており、前半は難しい試合となった。ただ前半無失点で終わることができた。後半は切り替えて選手もよく走り良い結果を出せた。もう少しクオリティーをあげて次に繋げて行きたい。

井上選手コメント:苦しい時間帯が長く続いたが、自分が入って流れを変えることが出来た。

 

リーグ記録

<得点>
井上 翔太郎 2

<アシスト>
伊川 拓 1
藤岡 優也 1

累計

<得点>
井上 翔太郎 5
峯 勇斗 2
西袋 裕太 2

<アシスト>
橋本 龍馬 1
谷口 裕介 1
石井幹人 1
上松瑛 1
井上翔太郎 1
小泉隆斗 1
秋葉勇志 1
伊川 拓 1
藤岡 優也 1