トップチーム

JFL後期第9節 vs HONDA FC

2017.09.23 Sat 13:00~ Kickoff

AWAY 千葉県総合スポーツセンター東総運動場

3 Honda FC

1 前半 0

2 後半 0

試合終了

0 ブリオベッカ浦安


千葉県総合スポーツセンター東総運動場で現在1位のHonda FCを迎えた。当日は朝から雨、しかし試合開始時間には雨も止み、後半には晴れ間が見えて良い天気となった。
スターティングメンバー GK:本吉 DF:富塚、笠松、後藤虹 MF:石坂、上松、秋葉、濱田 FW:南部、幡野、相馬
サブメンバー 大野、矢部純、矢部雅、坂谷、後藤準、清水、多木
立ち上がりからHonda FCがパスをうまく繋いで攻め込む。前半4分には思い切ったシュートを打たれるが、本吉が弾き返した。
なかなか浦安が攻撃に転ずる時間が来ない。フリーキック、コーナーキックを与えるがそれでも凌いでる。
前半30分がすぎると浦安も徐々に前にでる回数が増え出す。相馬が粘ってボールをキープしてフリーキックを得る。幡野のフリーキックからコーナーキック得るもシュートには結びつかない。

なんとか無失点で前半が終了か?と思ったその瞬間にコーナーキックで失点してしまい0−1で折り返した。
後半は浦安が攻める時間が増えてくる。
後半5分には幡野が素晴らしいシュートを放つものの相手GKにセーブされてしまう。
右サイドから石坂を中心にボールをペナルティーエリアまで運ぶことはできるが、Honda FCの壁になかなかシュートまで打たせてもらえない。
後半18分には南部と相馬に代えて多木と清水を投入。
そして後半21分にはこの日2枚目のイエローカードで秋葉が退場する。
後半30分からは全員の集中力が高まりしっかり守り、反転してサイドから攻撃をする形が出来上がってくる。一人少ないとは思えないほどの試合運び。
後半38分には濱田を後藤準に代えてさらに攻撃力を高める。
しかし後半40分、ゴール前で与えてしまったフリーキックを右隅に決められてしまう。
その後、攻め続けるものの、アデョショナルタイムにさらにコーナーキックで失点して0−3で試合終了となった。
前節、前々節ともに終了間際での失点に選手やサポーターのショックは大きい。
しかし残り6節、前を向いて戦わなくてはなりません。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>
無得点
<累計>
南部 4点
笠松 3点
清水 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点
後藤 1点

石坂 1点