トップチーム

JFL後期第7節 vs ラインメール青森

2017.09.10 Sun 13:00~ Kickoff

AWAY 新青森県総合運動公園球技場

2 ラインメール青森

1 前半 0

1 後半 1

試合終了

1 ブリオベッカ浦安


すでに秋の気配を感じる青森。気温は27度と過ごしやすい。海が見える試合会場は風が吹いていてそれがどう影響するか。
スターティングメンバー GK 本吉 DF 笠松、富塚、田中貴大、後藤虹介 MF 矢部雅明、清水、上松、石坂 FW 多木、南部
サブメンバー 大野、坂谷、後藤凖弥、丸山、幡野、田中俊哉
 
立ち上がり最初に攻め込んだのは風下の浦安。思い切った飛び込みから選手たちの気迫が感じられた。
しかし4分が過ぎると風上に立つラインメール青森の攻撃の時間が増え始める。特に右サイド(相手左サイド)から素早く繋ぐ攻撃パターンに悩まされる。
何度かしのいで攻めに転じられるか、と期待したその瞬間にセンターサークル付近でのヘディングでのクリアボールが相手にそのまま渡ってしまう。そこから右サイドを突破されてクロスボールを上げられてヘディングで打たれて失点してしまった。悪いイメージを引きずらないと良いが..
 
そこからは一進一退の攻防が続くが、どちらかというとラインメール青森がしっかりとボールをキープしながら攻める。それに対してブリオベッカ浦安は守りながらカウンターで仕掛ける、という構図となった。浦安の攻撃も右サイドが多く、それぞれが同じサイドで仕掛ける形。

前半35分を過ぎるとだんだんとリズムが出始めてシュートに行ける体制となってくるが、枠を捉えるシュートが打てない。
勝てるイメージがなかなか湧かない中、追加点を取られないように前半は必死で守りきった。
 
後半は風上となって有利に展開する。前半では右サイド中心に攻めていた浦安だが、後半は左サイドの田中貴大がどんどんと持ち上がってチャンスを作り始める。
後半4分、その田中貴大からゴール前に走り込んだ多木に預け、うまくポストプレイをして右サイドの石坂にパス。石坂はドリブルで切り込んで狭い角度から思い切ったシュートを放つ。遠目には決まったかに見えたが揺れたのはサイドネットだった。

その後は左サイドからの攻撃が面白いように機能し始める。多木、南部と相次いでシュートを放つ。しかし決まらない。
後半10分に多木、清水に代えて田中俊哉、幡野を投入。するとリズムがより良くなり、前線でしっかりとボールが収まり始める。

ボランチの上松がドリブルでセンターを突破して幡野が打つ。後藤虹介が打つ。上松が技ありのループシュートを放つ。しかしどれも惜しいところで防がれてしまう。コーナーキックからは笠松が叩きつけるヘディングシュート。しかしボールは無情にもゴールポストの上に弾んだしまった。

そして迎えた後半26分。ゴール左前30メートルほどからFKを得た。蹴るのは幡野。このボールが綺麗に風に乗ってゴール前に落ちる。そこに飛び込んだのは南部。しっかりとヒットさせてゴールを決めた。


前半とはうって変わって中盤を支配しながら攻め続ける浦安。カウンターで切り返すラインメール青森。
幡野、田中俊哉と相次いで強烈なシュートを放つもゴールマウスを再びこじ開けることができない。
なんどもゴール前の混戦で足を振るが、これも入らない。
後半43分には右ウィングバックの石坂を下げて後藤準弥を投入してさらに攻める姿勢を見せる柴田監督。
あとはゴールのみ、という怒涛の攻め。ほとんどゴールラインの前で受けた上松がなんと蹴り上げてクロスバーに当ててしまった。タイミングとしては文句ないゴールが見えていたのに惜しい。
 
そして一瞬に隙を突かれて右サイド(相手左)からカウンター攻撃を受けてクロスビオールから失点をしてしまう。もうすでにアディショナルタイムに入っており万事休す。

遠くから応援に駆けつけていただいたサポーターの声を聞くと「負けてしまったけど楽しめた。攻撃の形がしっかりと見えたのであとは浮上するのみですね」とポジティブなものがあった。
全体を総括すると、前半はラインメール青森が右から攻めるてペースを掴む。ブリオベッカ浦安も同じ右サイドからの攻撃を主体に組み立てる。前半シュート数は3−7で負けていた。1点差を追いかける浦安は後半に思い切って左サイドからの攻撃に切り替える。選手交代もあり完全に流れを支配し8本のシュートで1得点をあげるものの、後半2本のシュートのみでしっかりと追加点を上げたラインメール青森に敗戦してしまった。
柴田監督に代わってから2ヶ月と少し。サッカーがだんだんと固まってきた。守りの形が落ち着いてきたところで、攻めの形にシフトし始めた、その効果が本日は現れた。あとは落ち着いて点を決めるだけだ。
 

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>
南部 1点
<累計>
南部 4点
笠松 3点
清水 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点
後藤 1点

石坂 1点