トップチーム

JFL後期第5節 vs FC今治

2017.08.20 Sun 15:00~ Kickoff

AWAY 広島県立びんご運動公園陸上競技場

1 FC今治

1 前半 1

0 後半 0

試合終了

1 ブリオベッカ浦安


気温は15時時点で32度。西日本は暑いし日が長い。
スターティングメンバー: GK本吉 DF 笠松、富塚、田中貴大、石坂 MF 矢部雅、清水、上松、後藤虹介 FW 田中俊哉、南部
サブメンバー:矢部純、坂谷、丸山 、幡野、多木、柳澤(GKコーチ兼)
新規加入の選手である石坂と後藤虹介が先発となった。
暑い中での試合ではあるが、両チームの立ち上がりは動きのあるものとなった。まずは田中俊哉と上松でFC今治の陣地に攻め込む。フリーキックのチャンスを得るがシュートまで持ち込めなかった。一方のFC今治はサイドをうまく使って攻め込みファーストシュートを放つが枠を外れる。ここから前半10分まではFC今治のペース。
前半13分に上松が右サイドの石坂にロングフィードで合わせるが少しタイミングがずれる。しかし攻めのパターンが見えてくる。
前半24分には後藤虹介がロングシートを放つ。前に出ていたGKが慌てて戻る。観客席から「おぉ」とどよめきが漏れるが残念ながら枠を外れてしまった。
その3分後には上松が豪快なミドルシュートを放つがこれはクロスバーを直撃。
いよいよゴールのイメージが出て来たと安心した矢先のことだった。富塚のパスがショートし、センター寄りで相手に簡単に奪われてしまう。攻めの形になっていたためにすぐに守りの体制が作れない。左から右に振られて簡単にゴールを奪われてしまう。0−1。
ここからはなんとか取り返そうと攻める。田中貴大のロングスローが絶妙にゴール前に上がるがGKに止められる。
そして前半41分、相手ボールを清水がカットして左サイドの田中貴大に繋ぐ。田中貴大はドリブルでつっかけて前に走り込んでいるFWにミドルパス。受けた南部が冷静にボールを後ろでフリーになっている石坂に渡す。石坂は躊躇なく足を振り切りゴールを決める。これで1−1と試合を振り出しに戻す。
前半42分には田中俊哉に変えて多木を投入。新規加入選手3人目の登場。
前半はこのまま1−1で終える。
 
後半の立ち上がりはブリオベッカ浦安のペース。ボールに早めのプレスをかけて相手のミスを誘いシュートチャンスにつなげる。立ち上がり10分は浦安がスピードに乗る。
後半13分、清水に代えて坂谷を投入。
しかしここからFC今治の猛攻に会う。風が逆風になると本吉のゴールキックが押し戻され、すぐに相手ボールとなってしまう。ミスも誘発されて何度かシュートを打たれるがボールはクロスバーの上を越えてことなきを得る。
後半35分には南部に代えて幡野。これで新規加入選手全てがピッチにたつ。
後半40分、ペナルティエリアの手前で坂谷が相手を倒してしまい、この日2つ目のイエローカードで退場となってしまう。ゴール正面からの相手フリーキックのピンチ。このFKを壁でしっかりと跳ね返す。
ここからは人数が少ないために守りながらカウンター攻撃に切り替える。ホームで勝ちたいFC今治の強い意思が見える猛攻。これを凌ぎながら2回カウンターで大チャンスを得る。石坂から多木に繋いでほぼフリーでシュートを放つもボールは無情にもクロスバーの上。
結局1−1のドローで試合終了。
 
サイドから細く繋いでゴール前に持ち込み幾度もシュートを放つFC今治に対して体を張りながらなんとか1失点でしのいだ。ミスでの失点はあったが、危ない場面は多々あったものの、崩されての失点はなかった。
ゴールシーンは綺麗な形で得ることができた。アウェイで貴重な勝ち点1を得ることができた。次節はホームで勝利をお届けしたい。
遠くまで(遠くから)応援ありがとうございました。
 

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>
石坂 1点
<累計>
笠松 3点
南部 3点
清水 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点
後藤 1点
石坂 1点