トップチーム

JFL前期第14節 vs HONDA FC

2017.06.18 Sun 13:00~ Kickoff

AWAY Honda都田サッカー場(浜松市)

2 Honda FC

1 前半 0

1 後半 0

試合終了

0 ブリオベッカ浦安


スターティングメンバー:GK 大野DF:秋葉、富塚、笠松、田中(貴) MF:髙慶汰、矢部(雅)、清水、上松 FW:南部、菊島
サブメンバー:太田、坂谷、.金井 、丸山、田中(俊)
なお本試合で矢部雅明選手がJFL通算100試合を達成しました。
現在1位のホンダFCは立ち上がりから正確なパス交換でサイドからうまく仕掛けていく。ブリオベッカ浦安もサイド攻撃が得意。左サイドの田中貴大やサイドからドリブル得意の南部を使って前線に攻めながら上松が何度かシュートを放つ。

前半10分には強烈なシュートをなんとか跳ね返したものの、ボールを抑えきれずDFとGKの間に転がったボールに両チームが足を出しながらの接戦。なんとかコーナーキックに逃げる。大きなピンチだった。
その後はホンダFCがボールを保持する時間が増える。これを打開するためにセンターバックながらボールに食らいつきながら前に出る富塚。しかしセンターサークル付近でカウンターに出た相手を倒してしまってイエローカードをもらってします。その直後、気持ちを立て直す余裕もなく攻められて失点。0−1で折り返す。
後半は菊島に代えて田中俊哉を投入。しかし相変わらずホンダFCのボール保持の時間が多い。
後半14分にはゴール前のパス交換で失点。
ホンダFCはほとんどミスなくワンタッチでパス交換をしてくる。ブリオベッカ浦安はその早さになんとかついて行くが、うまくサイドを押さえ込まれて攻め手に欠く。
終了間際には笠松もあげて攻める時間もあり、クロスやコーナーキックからのチャンスを何度も得るが、相手GKの好セーブに阻まれる。
結局効果的なシュートを打てずに0−2で敗戦した。
絶好調のホンダFCはミスがなく短いタッチで早い攻撃を仕掛け、守りの時間が多くなりそのためブリオベッカ浦安は得意のサイド攻撃のチャンスが少なく効果的な攻撃を封じられてしまった。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>
無得点
<累計>
南部 2点
笠松 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点
後藤 1点

清水 1点