トップチーム

JFL前期第9節 vs 東京武蔵野シティFC

2017.05.14 Sun 14:00~ Kickoff

AWAY フクダ電子アリーナ(千葉市)

1 東京武蔵野シティFC

1 前半 0

0 後半 2

試合終了

2 ブリオベッカ浦安

天気予報では午後から晴れのはずだったが、多少の霧雨も感じる天気。考えてみたら昨年からフクアリで4試合を経験しているが全て雨。天気の相性はあまり良くないのかもしれない。
リーグ最下位で、しかも直前にゴールキーパーの本吉が怪我をしてスタメンを外れるアクシデント。しかしチームに暗さはない。ここまで来たらあとは前(上)しかないのだ。そしてここでチャンスを得られた選手がスタメンを得るチャンス。その競争と巡り合わせをうまく使えるか、監督とスタッフの力量を試される試合だ。昨年は1分1負で勝利をしていない東京武蔵野シティFCとの対決。

スターティングメンバー:GK:大野 DF:金井、笠松、矢部純、富塚 MF:清水、矢部雅、秋葉、上松 FW:南部、相馬
サブメンバー:太田、篠原、髙、都並、後藤、丸山、菊島
GKは大野が初出場。
立ち上がりのファーストシュートは東京武蔵野シティFC。これをしのぐと今日はサイドハーフの上松がサイドバックの富塚と絡みながら積極的に前線で仕掛ける。お互いにボールを素早くつなぎながら前線に押し込むが、東京武蔵野シティFCは短いタッチで仕掛けるのに対して、ブリオベッカ浦安はサイドに展開しながら確実に前に進める。この違いが対照的。
前半9分にピンチを迎えるも、GK大野がこれを止める。JFLデビューとは思えない落ち着き方にフィールドの選手も視野が広がった印象だ。

前半20分にはそれが裏目に出る。ボールを大事にしすぎるがゆえに、相手が中盤でしっかり守る形を作る余裕が生まれ、ちょっとしたことでボールを奪われる。浮いたボールを競りながらヘッドでクリアしようとした矢部純也のボールが足元に落ちてしまい、これを詰めていた相手FWにさらわれて失点をしてしまう。
いつもならここで気持ちが萎えて引き気味になるのだが今回は違った。清水を中心に声がしっかりと出ており、攻める姿勢に変化はない。
前半39分にはサイドバックの富塚が右サイドから素早い飛び出しでゴールに迫るがFWも打ちきれない。前のめりになるFWとクロスを上げるサイドの選手の間に微妙なズレがあり効果的なシュートを打てないのだ。
 

東京武蔵野シティFCも徐々にサイド攻撃の質が上がり、前半の残り時間はピッチ全体を使ったシーソーゲームとなった。

ハーフタイムには舞田べか彦の登場。ダンスの片鱗をのぞかせた。
後半は矢部純也に代わって丸山が投入される。CBには富塚、サイドバックに秋葉が入り丸山はボランチのポジションだ。
その丸山が躍動的に動き始める。この丸山にはロングスローという武器もあり、早々に上松のシュートという見せ場を作る。ここからゲームを支配し始める。経験豊富な清水がうまくサイドの選手を誘導しながら攻め続ける。

後半14分には度重なるピンチを迎えるも相手シュートも枠を捉えきれずにしのいだ。「ゴールポストは3人目のセンターバック」という言葉を思いついたほど際どい場面もあった。
後半18分に清水に代えて菊島の投入。この菊島が飛ばしまくる。左サイドからグングン前に走り込み、ボールをハーフウェイラインよりも自陣に来させない。
菊島が左サイドから切り込んでペナルティーエリアでDF2名を相手にボールを失くさない。競りながら後ろでフリーになった丸山にバックパス。これを受けて丸山がしっかりと足を振り抜いた。GKの指先との絶妙な高さをかいくぐり、ボールはクロスバーに触れながらゴールに滑り込んだ。後半33分に試合を振り出しに戻した。


後半31分に南部と交代した後藤も右サイドで暴れまくる。その後藤はピッチに入った直後に焦ってボールを失いピンチを招く。しかしここから後藤の真骨頂。後半36分、自陣でボールを奪った矢部からセンターサークルの菊島にパス。菊島は40メートルドリブルで相手DF二人を引き付けながら右サイドの後藤に目配せ。フリーでボールを受けた後藤が思いっきり足を振り抜いてゴールを決めた。


これは3度目の正直だ。ラインメール青森戦では試合終了直前の大チャンスにフリーであげたクロスがゴール後方に流れてしまった。ヴァンラーレ八戸戦でも同じ状況の中、ボールの手前の地面を蹴ってしまい相手DFに弱いパスを出してしまった。経験をしながら試合慣れをして成長する20歳の若手にチーム全員で祝福。

最後はコーナーキックとフリーキックのピンチを全員で守ってしのいでホーム初勝利を決めた。

大野、菊島、丸山、後藤というルーキーが1点ビハインドにもかかわらず、活き活きとピッチで活躍して勝利をもたらした。ブリオベッカ浦安の今後に光明が指した瞬間だった。
 
インタービューで齋藤監督が「苦しい時にもいつも支えていただいたサポーターの皆さまのおかげです」と清々しい様子。監督采配が光った試合でもあった。

ラインダンスを見ながら目に涙を浮かべる女性たちも多く見受けられた。とても良い母の日プレゼントになったのではないだろうか。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————
<今節>
丸山 1点
後藤 1点
<累計>
南部 1点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

笠松 1点

相馬 1点

丸山 1点
後藤 1点