トップチーム

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 2回戦

2023.06.07 Wed 19:00~ Kickoff

ニッパツ三ツ沢球技場

0 ブリオベッカ浦安

0 前半 1

0 後半 1

試合終了

2 横浜F・マリノス


<スターティングメンバー>
GK 松野 輝樹
DF 西袋 裕太,藤森 隆汰,笠嶋哲太
MF 小泉 隆斗,伊藤 純也,伊川 拓,荒井 大
FW 村上 弘有,村越 健太,峯 勇斗
<サブメンバー>
GK 本吉 勇貴
DF 赤松 秀哉
MF 橋本 龍馬,秋葉勇志,二瓶 翼
FW 林 容平,井上 翔太郎

試合概要

J1昨年王者、現在2位の横浜F・マリノス(以下マリノス)との天皇杯2回戦。GKには初スターティングメンバーの松野が起用された。
ソニー仙台との死闘の中2日での試合。かなりの選手の足が攣っていたのでフルコンディションで戦えるかは心配ではあった。
しかしそれは杞憂だった。「都並監督は相手がJ1だろうが関係はない。自分達がやるべきことをやってこの試合は勝つ。相手が上手いことは間違いがないが、我々は前にどんどんと進むしかない。ボールを取られたら取り返して攻める。我々は点を取りに行く。」とロッカールームで選手を鼓舞。選手はそれに応えた。
前半は相手に怯まず前に繋ぐ。しかしマリノスのサッカーの技術は(当たり前だが)高く、ボールを奪われると右サイドバックから左サイドに高く張っている選手の足元にピンポイントでサイドチェンジがなされる。全員守備が徹底されている浦安だが選手が戻り切る前にゴール前に迫って来る。前半は3バックで臨んだ浦安は、西袋、藤森、笠島の3人がゴールを固めて効果的なシュートを打たせない。
すぐに左サイドにフィードして村越を走らせる。村越と峯、小泉が交錯しながらボールをゴール前に押し上げる。
開始17分、ペナルティライン外側でマリノスのフリーキック。ギリギリゴールを外れる。
しかし26分に不用意なバックパスをさらわれて失点。
逆に30分、中央からのパスに村上が相手選手を背負いながらもターンして豪快にシュートを放つ。しっかりと左上隅に飛んだボールは相手GKに弾かれてゴールならず。前半一番の見せ場だった。
前半は0−1でハーフタイムに

ハーフタイムに荒井に変えて橋本を投入
後半は右サイドからの抑えも効いて攻撃に弾みがつく。前線のプレスが効いてCKとFKを立て続けに得るが得点にはならない。
峯から藤森のシュートを演出。藤森のロングスローから峯のシュートとリズムが良い。
後半27分には村上がGKと競りゴールを奪うもファールの判定。しかし後半33分にコーナーキックから失点。
ここで村上、村越に変えて二瓶と林を投入。前線でボールが回り始める。
残り10分にはCBの笠嶋に変えてCFの井上を投入。さらにゴールを狙う。この10分とアディショナルタイムはほぼ浦安の攻撃の時間となった。CKから藤森が右足を振り抜くとゴール枠に飛ぶも相手GKのファインセーブ。CK、FKと攻め続ける。残り時間数分ではあるが伊藤に変えて秋葉。アディショナルタイム5分にコーナーキック。これを弾き返されて試合が終了した。

試合後は選手たちがマリノスサポーターに挨拶。大きな拍手をいただいた。浦安ゴール裏にはマリノスの選手たちが挨拶に来てくれる。お互いのサポーターが「浦安」「マリノス」の掛け声でスタジアムが温かい空間となった。
質の高いサッカーを見せてくれたマリノスの選手たち、そして素晴らしい応援の声を聞かせていただたマリノスサポーターに感謝。
そして何より怯まず最後まで強い気持ちで戦った選手たちに浦安サポーターからは「来てよかった」「感動した」との声が。育成選手たちが声を枯らして声援した、最も浦安らしい一体感はマリノスサポーターのSNSでも称賛を浴びていた。

前半

初出場ながらチームを統率した松野

ゴール枠にしっかりとシュートを放った村上

ゴール前で存在感を見せた村越

強い気持ちを見せた笠嶋

 

後半

前線でボール奪取をして攻撃に繋げる

この状況から振り切ってクロスを上げた伊川

峯のミドルシュート

相手DFを翻弄しながらペナルティーエリアに侵入した二瓶

CBながら攻守に活躍したルーキー藤森

 

試合後

マリノスサポーターの温かい拍手

マリノスの選手たちに感謝 育成選手たちが感動

 

都並監督からお礼の言葉

インタビュー

<都並監督>
我々は勇敢に戦った。しかしパスの精度、判断の正確さといったものが勝負を分けることとなった。これらをマリノスさんには勝負所で見せられてしまった。
ただ自分達のやるべきことはできたと思うし、マリノスさんを苦しめたことも事実だと思う。そこは自信を持ってこれからも成長を続けて行きたいと思う。

<キャプテン橋本選手>
まず初めに素晴らしい雰囲気を作ってくれたブリオベッカファミリーの皆様本当にありがとうございます。本気で勝ちにいっていたからこそ勝利できなくて悔しいですが、浦安らしい闘いはできたのではないかと思います。
また試合後マリノスサポーターからもたくさんの拍手を頂き、大変嬉しく思いました。いつの日か同じ舞台で戦えるように、チーム全員で前に進んでいきたいと思います。

公式記録

シュート数は浦安が14、マリノスが13と浦安が若干多い。ただ後半だけをみると(浦安11ー6マリノス)と浦安が攻めていることがわかる。
さらにコーナーキックも後半では(浦安9ー2マリノス)と浦安が攻めた結果がここにも大きく現れている。フリーキックをみると後半では(浦安11ー5マリノス)となっている。
全般的には前半はマリノスが優位に試合を進めていたが、後半になって浦安が巻き返した形だ。
正式な記録はこちらを参照。