トップチーム

後期第7節 vs 流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎

2020.09.21 Mon 13:00~ Kickoff

HOME ブリオベッカ浦安競技場

2 ブリオベッカ浦安

0 前半 0

2 後半 1

試合終了

1 流経大ドラゴンズ龍ケ崎


不動産のもとゆき様によるマッチデー。引き続き無観客試合として開催された。
スターティングメンバー:
GK 谷口裕介
DF 笠松亮太,山崎紘吉,篠田朋宏
MF 吉田武史,富塚隼,橋本龍馬,村田翔
FW 幡野貴紀,秋葉勇志,小島樹
ベンチスタート:
GK 池末知史
MF 林 洋毅,冨樫凌央,平野 貫路,伊川拓
FW 竹中公基,田宮諒
累積で前節出場停止の小島と橋本が戻り、GK谷口が初のスターティングに名を連ねた。
ベンチにはGK池末が初メンバー入り。
前節で5得点と絶好調の流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎(以下、ドラゴンズ)をホームに迎え地力が試される試合だ。
ドラゴンズが立ち上がりから大きくボールを蹴り込んで、前節の攻めの姿勢をこの試合にも持ち込んで来た。フリーキック も交えてドラゴンズのペース。蹴り込んで走り込むドラゴンズに対して浦安は右サイドにボールを展開して富塚が持ち込む形に整え始める。左サイドからは小島がテクニックを見せてボールを保持。
前半10分前後はドラゴンズが攻め上がる。ディフェンス人が体を張ってしっかりと守る。

前半13分に左サイドでフリーで受けた小島。体を寄せてくる2人のDFを引きつれながら思い切ったミドルシュート。惜しくも枠を外れたがタイミングは素晴らしかった。
15分の飲水タイム後はだんだんと浦安のペースになってくる。相手にボールが渡っても早めに厳しくボールをプレッシャーをかける選手たち。守りの時間も慌てず自陣でボールを回しながらピンチをしのいでいる。
30分の飲水までは中盤の奪い合い。
前半33分、右から幡野が切り込んでゴール前にグラウンダーのクロス。ここに飛び込む秋葉と小島。GKと接触しながら押し込むがギリギリラインを超えず。しかし良いプレーが続く。

前半36分には富塚がペナルティーラインからふんわりとしたボールを上げるもGKが戻ってセーブされる。惜しい技ありだった。
GK谷口は左右の足を使って中盤の頭を超えて大きなボールを前線に蹴り込む。これによって相手陣営でキープできる。
前半はそれぞれの持ち味を出しながら無得点で終わる。
ハーフタイムでは選手交代はなく、前半と同じような進め方で試合が流れる。
前半9分、ペナルティエリア付近で相手左サイドから相手右の選手にパス。フリーで受けた選手が思い切って足を振り抜く。それに対して両手を広げながら至近距離で相手に向かって飛び出して体に当ててブロックしたGK谷口。闘士がみなぎるプレイだ。
後半21分、立て続けに相手のシュートを浴びるが、DFの選手たちが体に当ててブロックする。チームとして取り組んでいるディフェンスの集中力がしっかりと発揮されている。
後半26分にも相手右サイドからゴール前に素晴らしいクロスが上がるが、全身を使って弾き返す谷口。

飲水タイムの後半30分、幡野に代えて竹中を投入。
その結果が出たのが6分後。相手がロングボールで浦安のゴール前に蹴り込む。走り込んで来た相手選手を軽く交わしてボールをもった村田が、今度は大きく前線にフィード。反応したのは竹中。フリーで受けて相手選手引きつれながらGKのポジションを見て右に冷静に蹴り込んだ。


村田との長いコンビ。お互いにどのタイミングでボールを受けるか暗黙の了解があるようだ。その直後に秋葉に代えて平野。
しかしその3分後。ペナルティーライン上で相手のFKがそのままゴールに入り追いつかれる。
勢いづいたドランゴズはここから5分間怒涛の攻撃を見せる。危ないシーンが続く。ふと前節の悪夢が頭をよぎる。
後半41分、橋本に代えて林。
集中力が途切れない浦安。後半43分に左サイドから吉田が小島にボールを送り、その小島がペナルティライン近くで倒される。絶妙の位置からのフリーキック 。いったん相手GKがパンチングで弾き返すが、諦めない浦安の選手たち。
スローインをゴールラインギリギリで富塚。ワンタッチでふんわりとセンターにボールを上げる。そこに飛び込んだのは吉田。相手の寄せをかわしながらもヘディングでゴールを決める。

献身的に左サイドを支配した吉田がここで結果を直接出した。
その直後にまたも自陣ペナルティーラインから相手のフリーキック を与えてしまう。しかし今度はしっかりと谷口がボールをキャッチしてことなきを得る。
アディショナルタイム2分、またも倒された小島に代えて田宮。
残りのアディショナルタイムをしっかりと守って2−1で勝利した。

都並監督コメント:
力のあるドラゴンズさんに苦戦することは予想された。前半にある程度のダメージを与えておけば後半ワンチャンスがあると思っていた。実際に後半にラッキーな部分もあって得点が来たが、それは一体感がしっかりと持てているからだと思う。必要のないファールでセットプレイからの失点があったが、これを減らさないと上位にい続けることは難しいので注意して行きたい。

吉田選手コメント:
自分の武器は左からの走力とヘディング。そのヘディングで点が取れたのでとても嬉しい。

なお吉田選手は「ダイニチ賞」であるマンオブザマッチを獲得しました。
———————ブリオベッカ浦安 記録———————
<今節>
竹中 1点 (アシスト村田)
吉田 1点 (アシスト富塚)
<累計>
小島 4点
村田 3点
竹中 2点
橋本 1点
富塚 1点
田宮 1点
笠松 1点
秋葉 1点
吉田 1点
<警告>
富塚(イエローカード:次節出場停止)
<交代選手>

後半32分幡野 貴紀->竹中 公基
後半37分秋葉 勇志->平野 貫路
後半41分橋本 龍馬->林 洋毅
後半47分小島 樹->田宮 諒