トップチーム

前期第2節 vs 横浜猛蹴

2018.04.08 Sun 11:00~ Kickoff

AWAY 保土ヶ谷公園サッカー場

2 横浜猛蹴

0 前半 0

2 後半 1

試合終了

1 ブリオベッカ浦安


横浜猛蹴との試合は3年ぶり。過去に5回対戦して4勝1負。
初めてのアウェイユニフォームで登場した。
立ち上がりからブリオベッカ浦安のペースで攻め立てる。前半10分を過ぎた所でフリーキックを得る。キッカーは調子の良い坂谷。綺麗な弾道でゴールが決まったかに見えたが惜しくもゴールポストに阻まれる。
前半17分には幡野と菊島が流れるようにパス連携でつなぎ、最後は菊島がシュートを放つもクロスバーの上。

前半22分にも菊島のシュート。しかしゴールが遠い。
前半24分は石井、幡野、菊島、そして坂谷がシュートを放つもGK正面。
幾度もチャンスを作るが、ゴールを決めることができない。
前半42分には決定的なチャンス。釣巻、幡野がボールを繋いでペナルティーエリアに持ち込む。村岡がボールを保持して振り向きざまにシュート。相手GKが横っ飛びでボールをとらえた。ナイスセーブ、と言える。
結局前半のシュート数は浦安11に対して猛蹴1で折り返す。シュート数で見ての通り、浦安が攻め続ける内容。あとはシュートの精度の問題だと感じる。
後半、浦安は選手交代なし。
開始5分まではお互いに攻め上がり拮抗した展開。
そして後半6分、笠松が大きく正確なボールを右サイドの村岡にフィード。ゴールラインギリギリまでドリブルし、相手をかわしてゴール前の坂谷にパス。坂谷は渾身の一振りでゴールを決める。

さぁ、これからだと思った刹那、あっという間失点をしてしまう。
そこから横浜猛蹴がどんどんと調子を上げてくる。
後半13分には菊島と石井を下げて矢部と田中貴大を投入。
田中貴大のキレのあるドリブルでチャンスが生まれる。後半15分にはその田中のクロスに坂谷が見事なボレーシュート。しかし相手GKが素早くセーブした。
坂谷はなんどもシュートチャンスを得るものの決まらない。
後半26分には幡野に変えて柏瀬。
そして丸山に変えて山崎。山崎は2年ぶりの公式戦復帰だ。
アデョショナルタイムには釣巻に変えてDF藤原を前線に投入。笠松も攻撃参加し、ドンピシャのヘディングを打つも決められない。
結局1−2で試合が終了した。
羽中田監督コメント:
「浦安が目指すサッカーには自陣で攻め、相手陣営で守るという基本があるが、これをしっかり行うことが出来なかった。さらに失点をしてから弱気な部分が垣間みえて、ちょっとしたミスや連携のズレが生じてしまった。次節から切り替えて勝利を目指す。」
<交代選手>
59分 石井ー>田中
59分 菊島ー>矢部
72分 幡野ー>柏瀬
81分 丸山ー>山崎
92分 釣巻ー>藤原
<警告>
村岡、山崎 (イエローカード)
 

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
坂谷 1点
<累計>
坂谷 2点
村岡 1点