関東サッカーリーグⅠ部前期3節対エリースFC東京

2014.04.19 Sat 11:00~ Kickoff

AWAY ゼットエーオリプリスタジアム(H)

1 エリースFC東京

0 前半 2

1 後半 3

試合終了

5 ブリオベッカ浦安

Sponsor2014-04USC2014-36
前日の寒い雨は嘘のように晴れ上がった。ただ風は冷たい。サッカーの試合をするにはうってつけの気候だ。
3節はエリース東京FC(以下エリース)。公式戦では昨年の全社ブロック決勝で対戦して勝利している。試合開始前のピッチトレーニングではこれまでにない気合いを感じた。
そしてその気合いのまま試合に入った。エリースのボールへの執着力に前節大勝した浦安SCの選手達も手を焼いている様子が見られる。サイドにボールをしかけるが、複数に囲まれてパスカットされる。そして素早い攻撃への転換。ただ浦安SCのディフェンダーは前節から鉄壁。シュートまで行かせる事はない。
 
USC2014-37
USC2014-38
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(センターバックの笠松と西郡)
前半39分、これまで手を焼いていた浦安SCの攻撃がやっとリズムをつかむ。秋葉が右サイドからグラウンダーのパスを出すと、これを受けて清水がゴールまで切り返し、GKとDFの間を狙いすましてゴールを奪う。
USC2014-39USC2014-40
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが本日、長男1歳の誕生日に捧げるゴールとなる!
そしてその1分も待たなかったと思われるが、清水が左からドリブル突破して中央にセンタリング。これを竹中がゴールを背にしてコントロールし、すかさずフリーの田中に渡す。田中はこれをしっかりと決めて今期リーグ初ゴールを決めた。
USC2014-41
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで前半が終了。
 
後半は前半の勢いのままに試合に入る。後半3分、竹中が左サイドでボールを持ち、相手に囲まれながらもうまく田中にパスを通した。田中は倒れ込みながらしっかりとゴールに流し込む。
USC2014-42
更に後半13分のこと。ボールをつないで田中のハットトリック。(ビデオ参照)

 
 
そんなノリノリの状態で隙が生まれた。後半15分、中盤でボールを奪われるとわずか4、5秒でゴールを決められてしまう。あまりにあっけない失点に不安が。
その状態を監督の叱咤で立て治し、結局後半24分、ドリブルで中央突破した矢部から右でボールを受けて竹中がゴールを奪った。竹中はその数分前にファールを受け、左足を負傷した様子で、なんと足を引きずりながらのドリブルゴール。
USC2014-43
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は田中のハットトリックが目を引いたが、竹中の2アシスト1ゴールも素晴らしかった。これまで先発FWが無得点であったが、やっと二人の面目躍如。
試合は5−1で終了した。正式記録ではシュート数は浦安27(エリース6)、コーナキック15(エリース3)と大きな差がついている。得点が5倍、という意味ではそれなりの結果だが、確率の問題ではなく決めるべき時に決められなかった回数、と読めばまだまだ課題が残る。
後半の残り10分ほどで小林と坂谷が相次いで投入される。小林はシュートを3本放ち、坂谷はドリブルで相手を揺さぶり続けた。若い彼らにも今後が期待できる。
今日のボールボーイは新中1の選手達。昨年6年生でボールボーイをやっていた選手もいるが、新加盟の選手は初めての経験だった。最後にテクニカルディレクターの都並氏と記念撮影。
BallBoy2014-01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
———————————————————
 
<本日の得点>
清水 1点
田中 3点
竹中 1点
<リーグ累計>
清水 4点
田中 3点
小林 2点
西郡 1点
山崎 1点
竹中 1点