関東サッカーリーグⅡ部後期 対 横浜猛蹴

2013.08.11 Sun 14:00~ Kickoff

AWAY 姉崎公園姉崎サッカー場(H)

1 横浜猛蹴

1 前半 3

0 後半 3

試合終了

6 ブリオベッカ浦安

USC2013-214
 
関東リーグも残り3試合。それぞれのチームは昇格、降格、順位を少しでも上げようと躍起になって戦っている。横浜猛蹴は勝たなければ昇格出来ないという瀬戸際。HPでもかなりの気合いの入れようが伝わって来る。
気温は37度。昨日の天皇杯予選に続き猛暑だ。
浦安SCは大幅にスタメンを入れ替えてきた。それもそのはず、前日の試合での消耗は並大抵ではなかった。
GKに本田、センターバックは変わらず佐藤と西郡。サイドバックは連戦の秋葉、そして初スタメンの豊田が本来のサイドバックに。ボランチに久々スタメンの都並、連戦の宮林。トップ下に塚本、FWに初スタメンの竹中と小林。前日90分フル出場したのは秋葉と佐藤のみ。この層の厚さが今年の浦安。
浦安SCに消化試合という言葉はない。横浜猛蹴には正直苦手意識がある。初スタメンの選手は次のスタメンを狙って結果を出したい。
そんな思いが交錯して壮絶な試合となった。
まず前半17分。左サイドでボールを受けた村上(ジョー)がドリブルで切れ込んでナイスシュートを決める。「出たら決めるジョー」。
USC2013-215
 
関東リーグでは夏の給水タイムが認められている。前半26分、コーナーキックで給水タイム中断。その直後のコーナーキックはいつもの村田が休み、トミーが控えのため塚本。その塚本のボールを西郡がドンピシャでヘッドを決めて2−0。
USC2013-216
 
この試合は本部席で観戦をしていたがあまりの熾烈な戦いに舌を巻いた。
USC2013-217
横浜猛蹴は浦安SCとの戦いには「これでもまだ行くのか」という闘志をむき出しにしてくる。いつもはその強さに本来の力を出し切る事が難しい。しかしこの日は違った。「絶対のボールは取る」という闘志は浦安が上回った。相手がパスコースを長めに取ると瞬時に走り込みパスカット。相手がボールを受けると時間を持たさずに二人でボールを奪う。この暑さでここまでやるのか、という凄まじい気迫。特に前日90分走りきった秋葉がその先鋒を切ったので、他の選手も負けてはいられない。はたしてボールを巡って激しいつばぜり合いになった。そしてこの日は浦安が横浜猛蹴を上回った。
前半34分、再びジョーがゴールを決める。3−0。
しかし前半終了間際、横浜猛蹴に奇麗なゴールを決められてしまい、3−1で前半終了。
後半は西郡を下げ、豊田をセンターバックとし、サイドバックに正木を投入。正木は今期リーグで初出場。浦安SCが関東リーグに昇格をした時の立役者だがベンチを温めている事が多かった。試合に出ると気迫が伝わって来た。彼の強さはスピード。相手のバックパスにも猛烈な闘志で加速してボールを奪う。そしてセンタリングまで持ち込む。
USC2013-218
 
 
 
そんな正木のスピードでコーナーキックを得ると、塚本のコーナーキックに豊田!今期初得点。4−1。
USC2013-219
 
その後、田中、トミーと相次いで投入。連戦の二人は疲れも見せずによく走る。
後半33分。突破力のある小林がゴール前でボールを奪うと、技ありのパスを田中に出す。田中が落ち着いて決めて5−1。
USC2013-220USC2013-221
 
後半38分。相手バックスがボールを持った所に気迫で割り込んだ竹中。強引にボールを奪うとそのままゴール前に突進してシュートを決める。まさに執念のゴール。
USC2013-222
 
6−1で試合終了。
この試合の命運を決めたのは気迫。前日の試合、前半でスピード感のないゲーム展開をしてしまった反省か。キックオフから試合終了まで、一度も気を抜く事なく、気温37度を気迫と闘志でボールを奪い、ゴールを奪った。1秒足りとも1歩足りとも無駄にしない。その違いが結果に現れた。
USC2013-223
USC2013-224
写真は劣勢でもボールを強引に奪い、ドリブル突破で相手を倒し、シュートまで持ち込んだ小林。残念ながら得点にはならなかったが、全ての選手が気迫で圧倒した。
このまま残り2試合、勝ち抜いて欲しい。
本日の得点
村上2得点
田中1得点
西郡1得点
豊田1得点
竹中1得点
累計
田中14得点
清水10得点
岩永9得点
トミー7得点
小林6得点
村上8得点
村田5得点
山崎4得点
西郡5得点
長谷川4得点
秋葉2得点
竹中3得点
佐藤1得点
豊田1得点
(なお得点者は公式な記録ではありませんので公式には関東リーグの発表を確認してください)