関東サッカーリーグⅡ部前期2節 対 三菱養和SC

2013.04.14 Sun 14:00~ Kickoff

AWAY ゼットエーオリプリスタジアム(H)

0 三菱養和SC

0 前半 2

0 後半 7

試合終了

9 ブリオベッカ浦安


2013年のホームゲーム開幕戦。風が強いが気温は申し分なく、新しいネーミング「ゼットエーオリプリスタジアム(市原臨海競技場)」の芝の状態は最高。このゲームは浦安SCの力が発揮出来るはずだ。
昨年度は3−0、5−0と相性の良い三菱養和SC。立ち上がりは五分五分の出来だった。コイントスで勝ったのか、風上のサイドを取って試合開始。風が強いのでお互いに大きなボールを蹴らずに低めのパスでつなぐ。スピードもパスの精度も高いと思うがなかなか点が入らない。少しギクシャクした感じは前節でもあった。
その均衡を破ったのが前半33分。山崎の凄いミドルシュートがバーに当たって跳ね返った所を竹中が冷静に押し込み先制。怪我で出場できなかった田中に変わってチャンスを得た竹中がきっちりと仕事をして印象づけた。

これで落ち着いたのか、試合が動き始める。トミーが右サイドから持ち込みファーのサイドネットへ流し込み2試合連続得点。

風上と言ってもパスが流れ前半は少し噛み合ない感じがした。
後半は風下となるが、これが良かったみたいだ。
後半3分、相手陣右サイドの高い位置で秋葉がボールを奪うと逆風をついた豪快なミドルで3点目。

その後はゴールラッシュとなる。後半5分岩永、6分トミー、12分岩永、17分竹中とあっという間に7−0。
私はゴール裏でカメラマンをしながらTwitterで試合経過を書いていたのだが、iPadでTweetしている最中にドンドンゴールが決まるので、目の前の決定的瞬間を幾度も逃してしまった。またスコアボードを操作しているボランティアの方もてんやわんやの大忙し。

監督がいつも口酸っぱくして言っているのが「立ち上がり」だが、後半の立ち上がりの気のゆるみは浦安SCを相手にした場合は要注意かもしれない。

その後少しこう着状態が続き、豊田と長谷川を投入してまた流れを変える。後半34分に長谷川のヘッドをキーパーが弾いた所を清水が押し込んで8点目。

ここまで点差が開くと監督も何か試したくなる。昨日、中央学院との練習試合に8得点を上げた小林を40分に投入した。その小林は連チャンの疲れも見せずに台風の目となってかき回す。
そんな矢先、ほぼ全員が相手サイドにいる際にボールを奪われてGKと1:1となる大ピンチ。そこは瞬発力のある永井がシュートを足で止めてスーパーセーブを見せる。

そして後半45分が過ぎてアディショナルタイムに入るころ、小林がセンターでボールを奪うと猛然とドリブルを始める。相手が3人ほどその先に立ちふさがったのでパスをするのか、と思って見ていたら、なんと強引にかわしてシュートに持ち込む。これが決まって9点目。「俺はゴールを奪うんだ!」という強い意志の感じられるゴールだった。
今日は浦安JSCの5年生がボールボーイ。

浦安SCの良いところはジュニアチームが一緒に試合をすること。ボールボーイとしてピッチに入り、間近で選手の一挙手一投足を見る事が出来る。本番のピリピリした状態を体験することは、自分達の試合にも活かせる貴重な経験だと思う。
本日の得点
竹中2得点
岩永2得点
トミー2得点
秋葉1得点
清水1得点
小林1得点
 
累計
岩永4得点
トミー3得点
竹中2得点
長谷川1得点
村田1得点
秋葉1得点
清水1得点
小林1得点