2019.11.07

【育成レポート】長谷川太郎ストライカークリニック

長谷川太郎ストライカークリニック withブリオベッカ浦安

ーーー育成レポートーーー

11月5日、ブリオベッカ浦安U10-15年代の選手(小学生は浦安JSC)を対象に、長谷川太郎ストライカーコーチによる特別クリニックを開催していただいた。

サッカーの醍醐味は「ゴール」にある。

だから、0-0のスコアレスドローよりも3-3の打ち合いに観客は興奮する。

太郎コーチはいう。

〜日本はゴールに対するリアクションが薄い もっともっとゴールにチャレンジする雰囲気を作りたい〜

「得点力不足」というフレーズを最も嫌う太郎コーチは、多彩なアイデアで選手たちにゴールのイメージを植え付けていく。

「シュートのときはパワーポジションが鍵だと知りました。また、正面から入るのではなく、横から入ってニアもファーも狙えるようにする。今後の練習に生かして決定力を上げたい」
(U-13 須堯 恒太)

「軸足の運び方がとても難しい。しっかり上にではなく、横にステップを踏めるようにして行きたい」
(U-15 豊満 竣太)

選手たちのあくなき向上心も、太郎コーチの情熱も、決して尽きることはない。

3回に渡って開催予定の長谷川太郎ストライカークリニック。次回は11月19日(火)に行う予定。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • 株式会社共栄石油
ブリオベッカ浦安 Banner
         

Page to top