2020.07.21

KSL2020 後期第2節 vs 流通経済大学FC

ブリオベッカ浦安

VS

流通経済大学FC

5
1 : 前半 : 0
4 : 後半 : 0
0

2020.07.19 - Kickoff 18 : 00

開催場 : 流通経済大学龍ヶ崎フィール

第2節も無観客試合として開催された。

スターティングメンバー:

GK,南 翔太 DF笠松亮太,吉田武史,山崎紘吉,篠田朋宏

MF富塚隼,橋本龍馬,村田翔,小島樹,幡野貴紀 FW田宮諒

ベンチスタート:

GK谷口裕介 DF川島征爾

MF伊川拓,長田 健,冨樫凌央,平野 貫路, 洋毅

スターティングメンバーは前節と同じ。幸先の良い勝利を得た前節を踏襲した形だ。

立ち上がりから攻め立てる浦安。

まずは右サイドから篠田の左足でのフリーキック 。村田がヘッドで折り返してシュートチャンスを作るがオフサイド。

その後も右の富塚、左の吉田を使ってサイドアタックを効果的に使ってゴールに迫る。小島と幡野のテクニックで何度かのシュートチャンスを作るが、相手DFが素早くコースを消す。

小島が左サイドから突破してシュートを放つ。GKを抜けたと思ったらゴール前で待っていたDFに見事に跳ね返されてしまった。

幡野のオーバーヘッドシュートも枠に行くがこれも防がれてしまう。しかし見せ場は幾度も作れている。

相手チームはロングボールを主体に走り込む戦術。これを跳ね返しながらカウンターで仕掛ける。

前半終了間際、南のゴールキックの跳ね返りを吉田が奪い、村田にバックパス。村田はこれを左で待っていた小島に正確なロングパスで走らせる。小島はツータッチ目でシュートをゴール右に流し込んだ。

後半開始早々、右サイドからドリブルでペナルティーエリアまで走り込んだ富塚が倒されてPKを獲得。

田宮が素早くボールをセット。シュートは力強くゴールネットを揺らした。流通経済大学出身の田宮は、出身校との対戦では必ず結果を出す。

その10分後、小島が一人ドリブルで仕掛ける。相手GKはこれを防ぎ、ドリブルで前に出て慎重にパスをするが、それが吉田に当り浦安のボールに。相手GKの動きを見ながら、村田がふわりとロングシュートを打つ。そのボールはGKの頭上を超えてゴールに収まった。これで3−0。

後半の1回目の飲水タイムの前に篠田が倒れ、その間に長田と交代。

後半21分には村田のコーナーキックに打点の高いヘディングをドンピシャと当てたのは笠松。久々の笠松のヘディングシュートを見た。

後半25分には足のつった吉田に代わって平野。吉田は献身的に後ろから前に走り込んでいました。

そのフレッシュな平野もどんどんと駆け上がって相手陣営でプレッシャーを与える。そしてシュートを打ち込むもGK正面。

後半35分には小島が左サイドからドリブルで駆け上がり、相手DF2名を引き付けながらのシュート。GKの手に当たりながらもゴールに突き刺さる。5−0。

その後は笠松に代わり冨樫。橋本に代わり林。田宮に代わり伊川。幡野に代わり川島。と、交代枠を使ってフレッシュな選手に入れ替える都並監督。

そのまま5−0で試合が終了した。

都並監督コメント:「5点を取ったことも良かったが0失点で抑えられたのが何よりだ。小島は素晴らしい動きをし、笠松も素晴らしいヘディングを決めてくれた。点差が開いたこともあり、多くの選手をピッチに送り出すこともできた。8月のホームゲームに向けてしっかりと準備をして行きたい。」

———————ブリオベッカ浦安 記録———————

<今節>

小島 2点(アシスト村田1)

田宮 1点(PK)

村田 1点(アシストなし)

笠松 1点(アシスト村田)

<累計>

小島 3点

橋本 1点

富塚 1点

田宮 1点(PK)

村田 1点

笠松 1点

<警告>

なし

<交代選手>

後半16分篠田->長田
後半25分吉田->平野
後半33分笠松->冨樫
後半41分橋本->林
後半41分田宮->伊川
後半46分幡野->川島

  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社マナビス
  • 株式会社フュディアルクリエーション
  • 株式会社昭栄美術
  • 株式会社共栄石油
ブリオベッカ浦安 Banner
         

Page to top