2019.04.21

【TOP】千葉県選手権大会準決勝

ブリオベッカ浦安

VS

城西国際大学

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 0
0

2019.04.20 - Kickoff 14 : 45

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

<スターティングメンバー>

GK:山田修平

DF:笠松亮太、石井幹人、長田 健、酢﨑祥人

MF:小島樹、村田翔、丸山晃生

FW:竹中公基、菊島卓、田宮諒

<ベンチ>

GK:佐久間幸一

DF:川島征爾

MF:橋本龍馬、臼井俊輔、小林瑞知

FW:河田 陵、太田泰河

 

本大会は天皇杯本戦への出場がかかった試合。開催地はホームでもある浦安市運動公園陸上競技場となった。長田は初のスタメン入り。河田もベンチながら公式戦初めての登録。怪我の調整で遅れていた太田(ゴッツ)もベンチ入りした。

前半はここ数試合と同じく守りから入った。竹中をセンターフォワードとしてサイドから菊島と田宮がチャンスを作る。前半6分にそのチャンスが訪れるが竹中のシュートは相手に当たってしまう。9分には菊島のシュートがゴールに入るがオフサイド。守りをしながら積極的に前にでる切り替えが早くなった。

その後も笠松がゴール前で滑り込んでフリーでシュートを打つが無情にもゴールポストから外れる。

採算のチャンスは作るが前半は無得点で終わったしまった。

後半開始直後、菊島が飛び出してビッグチャンス。GKと1:1となるがGKに当ててしまう。余裕の欲しいところ。

そして後半5分、小島がペナルティーエリアに持ち込み、ゴール前でつなぐ。最後は菊島が蹴り込んでゴールが決まる。

1−0。

後半10分から守りの意識が高まったのか、相手にペースを握られてしまう。ドリブルのキレが良い相手選手に何度か危ない場面を作られてしまうが、なんとかしのぐ。

後半21分に竹中に代わり橋本。30分には長田が負傷して太田(ゴッツ)に交代。さらに小島が足を痛め臼井に交代。

その太田が右に左にと走りサイドでボールをキープし始める。相手は中盤を捨ててとにかくペナルティーエリアに蹴り込んでくる。ドリブルのうまい選手に左右に振られながらも懸命にゴールを守る選手たち。

そして後半も終了し虎の子の1点を守った。

これで千葉県選手権大会の決勝に進出。平成23年から9年連続で決勝進出を果たした。これまで優勝(天皇杯出場)は3回。

次の試合で明海大学が勝利し、5月11日の決勝戦は浦安対決となった。

【決勝戦】 2019511日(土) 13:00キックオフ 会場:フクダ電子アリーナ

皆様の熱い応援をお願いします!

 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • 株式会社共栄石油
         

Page to top