2012年関東リーグ2部後期2節 対日立ビルシステム

2012.06.17 Sun 11:00~ Kickoff

AWAY 日立ビルシステム大宮総合グランド(A)

1 日立ビルシステム

0 前半 1

1 後半 1

試合終了

2 ブリオベッカ浦安


2試合勝ちに恵まれていないなかでアウェイでの対戦。日立ビルシステムとは前節大雨の中2−2で引き分けた。5年前には関東リーグ進出を阻まれた相手からなんとして勝ちを奪いたい。これはサポーターの悲願です。
この日は累積で市原が出場停止。都並のワンボランチにトップ下は清水と蓮沼とトミーという攻撃的な布陣。フォワードには大久保が先発。昨年のチームに田中と蓮沼を加えた形だ。昨年のような連携した動きが期待できる。

実際にサイド攻撃が光った。右から豊田が積極的に上がり、トミーとボール交換をしながらゴールを脅かす。左サイドも正木のスピードで相手ディフェンス陣をかいくぐる。
日立ビルシステムも現在2部のトップだけあり調子が良い。ボールを奪った後に前線にすぐに押し上げる力は侮れない。
しかし前半30分に攻めの形が実を結ぶ。

豊田の押上から折り返したボールを受けて、相手ディフェンス3名が目の前にいる難しいコースを低めにそして正確にゴールに蹴り込んだ。

(拳を突き上げて喜ぶ大久保選手)
前半はフリーキックによるピンチもしのぎ、1−0で折り返した。
後半に入り気温がグングンと上昇する。(時間は12時)
暑さに負けないトレーニングをしている浦安SCに有利な環境となり、選手もますますスピードを上げる。しかしさすが、リーグトップの日立ビルシステムはゴールへの強い思いがある。後半17分、コーナーキックから一瞬の隙をかいくぐってゴールを決め、試合を振り出しに戻した。
ここで引き分けるわけにはいかない。藤崎、村上、山崎とスピードのある選手を続々と投入した。
 
そして30分に相手ファウルから得たフリーキック。相手のクリアミスをつめていた佐藤が体制を崩しながら狙い澄ましてGKの頭上を超えて決める。

これで2−1。
残り15分、全くスピードの落ちない浦安SC。ディフェンダーの落ち着いたボールコントロールもあり勝利をもぎ取った。アウェイでの勝利は関東リーグではとても価値が高い。

勝ち点17のため、他の会場の試合結果によっては3位から5位の間。1位のチームに勝ったことは大きい。
関東リーグは7月14日までお休み。次の公式戦は全国社会人サッカー大会関東予選です。応援よろしくお願いします。