JFL 2nd. Stage第13節 vsホンダロックSC

2016.10.30 Sun 13:00~ Kickoff

AWAY 千葉県立柏の葉公園総合競技場

3 ホンダロックSC

1 前半 1

2 後半 0

試合終了

1 ブリオベッカ浦安

スターティングメンバー GK中島 DF笠松、西郡、田中貴大、秋葉 MF村田、矢部、上松、坂谷 FW田中俊哉、竹中
控え 永井、村上、富塚、宮林、南部、池田、田宮。
top2016-215
立ち上がりはホンダロックSCのロングボールからの攻めが強い。これをなんとか跳ね返しながらチャンスを伺う。
ようやくリズムが出始めたのは10分を過ぎてからだ。
そして前半10分、前線で秋葉がボールを奪われ、これを根性で奪い返すと、右サイドに流れていた竹中にスルーパス。竹中がこれを右の前線で受ける。残念ながらゴールに繋がらなかったが、これが伏線となった。
前半17分、秋葉の右からのスローインは右サイドに出てきた竹中にスルーで渡る。竹中はドリブルでタッチラインギリギリまでキープして、そのまま中央に鋭いクロスを上げた。ここに坂谷が合わせてゴールを決める。1−0と先制した。
top2016-217
その後はブリオベッカ浦安がペースを掴む。
しかし前半30分からこれまでロングボール主体だったホンダロックSCがショートパスで繋ぐ動きに変わる。左サイド(相手右)中央から鋭いスルーパス。これを止めようと走った田中貴大が相手選手を倒してフリーキックを与えてしまった。ゴール前に飛んだボールをワンタッチで繋がれて失点。1−1の振り出しに戻った。
top2016-218
得点の合図があったが、GK中島が倒れている。ブリオベッカ浦安の選手がしきりに審判にアピールするが認められず。
結局前半は1−1のまま終了した。
前半は少ないシュート数を得点としたが、攻める姿勢は良かった。
 
ハーフタイムはジュニアのダンスショー。浦安から「Blue Phoenix」の皆さんが元気いっぱいに披露してくれた。
top2016-219
後半10分までは攻めのリズムが良かった。竹中、田中貴大と相次いでシュートを放つが得点にはならず。
ホンダロックSCはサイド攻撃の速さがある。特に右サイドの飛び出しに散々苦労をさせられていたが、後半15分に相手右サイドからクロスを入れられ、これをど真ん中で繋がれてフリーでシュートを打たせてしまい失点。1−2。
top2016-220
田中貴大のフリーキックは右隅にしっかりと蹴り込んだが、相手GKのナイスセーブに阻まれた。
top2016-221
後半35分にはコーナーキックからの失点をして1−3と万事休す。
センターバックの西郡を下げて南部を投入するも、スピードの落ちないホンダロックSCからゴールを奪うことができずタイムアップ。結局交代選手は1名だけとなった。
もともとセットプレーの得意なホンダロックSCに警戒をしていたものの、そのセットプレーで2失点。
 
しかし攻めのリズムは悪くない。シュートの精度とタイミングを再度修正してホーム最終戦にのぞみたい。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>
坂谷 1点
<累計>
竹中 16点
田中俊哉 7点
南部 2点
池田 2点
笠松 2点
坂谷 2点
相馬 1点
田宮 1点
板倉 1点
宮林 1点
富塚 1点
 

(相手オウンゴール2点)