千葉県選手権決勝・天皇杯出場決定戦

2015.08.22 Sat 16:00~ Kickoff

AWAY フクダ電子アリーナ

2 順天堂大学

0 前半 1

1 後半 0

0 延長前半 0

1 延長後半 0

試合終了

1 ブリオベッカ浦安

BRIO2015-163
2連覇中の千葉県選手権大会。そして3年連続天皇杯出場が決まる決定戦でもある。
対する順天堂大学は今期絶好調。僅差で勝負が決まると予想されていた。
ブリオベッカ浦安は開始12分、村田のコーナーキックに山崎が合わせて先制ゴールを決める。
その後は終始ブリオベッカ浦安のペース。相手ボールになっても、前線からのプレスで常に二人でボールを奪いに行き、危ない場面はほとんどなかった。隙のない大人のサッカーの様相。
しかし後半に入ると状況が反転する。前半は様子見だったのか、あるいは作戦だったのか、順天堂大学が素早いパス交換でブリオベッカ浦安の選手を翻弄し始める。
暑さと慣れないピッチに選手の疲労が蓄積される様子が観客席からも感じられるようになる。
そして何度もゴール近くでフリーキックを与えるようになる。
斎藤監督は、後半20分にトミーを、そして25分に秋葉と投入する。秋葉の得意なサイドバックのポジションではなく、好調なボランチの矢部を前に出してボランチのポジションに入れる。
しかし結果的にこれが機能しきれなかったと思われる。後半34分に真ん中からゴールを奪われる。
秋葉を右サイドバックにして、田中貴大を左サイドハーフに変更。田中貴大がドリブルで切換して何度かチャンスを作るも、結局シュートに持ち込めない。
絶好調のFW竹中もしっかりと体を寄せられてシュートを打つ瞬間に打たせてもらえない。
一方の順天堂大学は斎藤監督が警戒していたいロングボール主体ではなく、素早いパス交換で攻め立てる。ドンドンと疲労が深くなるブリオベッカ浦安。
そのまま延長線に突入。
順天堂大学優位のまま後半残り5分に失点。
結局1−2で敗戦となった。
1週間前にJEF千葉と練習試合を行った後半に秋葉と清水を投入し、むしろ攻め立てたイメージを持っていたが、これがこの日は機能しなかった。
順天堂大学がブリオベッカ浦安を研究しつくしていたこと、大学生のスタミナと足がつっても走り続ける姿勢に後半以降は完全に試合の主導権奪われてしまった。
ある意味完敗。
千葉県代表として順天堂大学には天皇杯本戦で大暴れしてもらいたい。
ブリオベッカ浦安は、関東リーグ連覇、全国社会人サッカー選手権大会優勝、そして地域リーグ決勝大会での優勝と3つのタイトルを目指してしっかりと切り替える必要がある。