関東サッカーリーグⅡ部後期1節 対 大成シティFC坂戸

2013.06.09 Sun 14:00~ Kickoff

AWAY 八幡公園八幡球技場(H)

0 大成シティFC坂戸

0 前半 2

0 後半 2

試合終了

4 ブリオベッカ浦安

USC2013-114
後期がもう始まった。監督は5試合を1クールとして、そのクールごとに目標を定めている。今日は2クール目の最後の試合。「この試合は非常に重要だ。絶対勝って2クール目をしめる!」と選手に喝。
相手は前期の後半戦でメキメキと順位を上げて来た大成シティーFC坂戸。浦安SCが唯一引き分けたアルマレッザに4−1で勝利をしているので油断が出来ない。
試合開始後感じた事は今日の浦安SCの中盤の安定性のなさ。大成シティーFC坂戸にボールを取られ、簡単に攻めさせてしまう。しかし一方でサイド攻撃は冴えていた。ボールを右サイドに集めて秋葉を中心にFWを走らせる。そういう意味ではお互いに激しく攻め合う立ち上がりとなった。
USC2013-115
前節に続き、FWは小林が先発。彼の特徴はスピードと大胆な突破、そして強いハート。
前半23分、右サイドから突破した秋葉からセンターにボールが放たれ、ゴール前で混戦に。誰かのシュートが相手選手の足に当たり、それがゴールにこぼれた。
USC2013-116
20分間は大きな差がない試合展開をしていたが、これで完全に浦安SCに流れが傾く。そしてその1分後、今度は暴れん坊の小林が中盤でボールを受けると相手DFをかわしてやすやすとゴールを決める。
USC2013-117
危ない場面もあったが、前半は2−0で折り返す。
USC2013-118
午前中は太陽が照りつけて大変暑かったが、午後になって曇って来た。しかし湿度が上がってむしろ不快感が増して来た。ハーフタイムで選手達は水をかぶったり、氷を足に当てたりしてリフレッシュをしていた。
USC2013-119
後半は比較的攻める時間帯が増えた。しかしシュートを何度も放つが、なかなかゴールに結びつかない。
USC2013-120
写真は走る山崎。清水がサイドにボールをうまく振るので、常にダッシュの準備をしている。白線を踏みながらボールを上手くコントロールをする、スピードときめ細やかなボールさばきが彼の特徴。
USC2013-121
清水のシュートはゴールをかすめる。
長谷川に代わりトミー、小林に代わり村上が相次いで投入される。
その村上はこの試合投入直後に結果を出している。ただでさえ走る浦安。後半20分を過ぎると相手チームに疲れが見えてくる。そこに走る村上がサイドから相手サイドバックを引っ張りながらゆさぶる。そしてしぶとくゴールを狙う。
今日もすぐに結果が出る。
後半30分、サイドからのボールをGKがはじく。至近距離につめていた村上がこれをシュート。相手ディフェンダーにあたりゴールが決まる。
USC2013-122
本人、シュートが外れたと思ったら入っちゃったよ、というちょっとはにかみの笑顔。
私が選んだ今日のシーンはこれ。
USC2013-123
ドリブルで相手3人を引きつけながら突破しようとした清水。相手二人の足の間を強引に抜けようとして足がかかり転倒。しかしここからがプロ根性。倒れ込んだままこの右足で後ろ蹴りにして横にいた田中にパスを通した。今日のボールボーイは先週と同じ中学1年生。間近でこのシーンを見てどう感じたか聞いてみたい。
USC2013-124
そして後半42分。左サイドは山崎と清水がつないてセンターにいた村田にパス。村田は相手を引きつけてフリーになって右側にいた村上にパス。GKと1:1になった村上が落ち着き払ってGKをかわしてゴールを決める。本日トップページに載せたピックアップ写真がそれ。
USC2013-125
今度こそ吠える村上。
これで4−0となり試合は完全に決まった。

(ビデオはシュートシーンをいくつかピックアップ。残念ながらゴールシーンはありませんが、これだけ打って入らないのはちょっと決定力に欠ける今日の試合)
本日のボールボーイ達。
USC2013-126
USC2013-127
これで2クール最後の試合も勝利。9勝1分けでリーグトップを開進。
本日の得点
山崎1得点
小林1得点
相手オウンゴール2点
累計
岩永9得点
清水7得点
トミー5得点
竹中2得点
田中4得点
山崎3得点
小林3得点
秋葉2得点
西郡2得点
村田2得点
村上2得点
長谷川1得点
佐藤1得点
(なお得点者は公式な記録ではありませんので公式には関東リーグの発表を確認してください)