2015.03.23

2015年のスローガンと目標

ブリオベッカの目標設定をいたしましたのでお知らせいたします。

今年度よりビジョンに加え、「目的」を設定いたしました。「目的」とはビジョンよりも高い位置付けとなり、ブリオベッカ浦安の存在意義ともなる重要なものです。ブリオベッカ浦安のスタッフや選手はこの目的を常に念頭において行動をいたします。目的は2015年だけでなく、長期的な当クラブの取り組みとして継続いたします。

ブリオベッカ浦安の目的:

市民を笑顔にするクラブ

意味:

浦安市は震災による液状化に見舞われ、あしかけ2年にわたりサッカーを始めとするスポーツ環境に支障が出て、街じゅういたることろで工事がひっきりなしに行われてきました。新浦安地区での幹線道路も長く車線規制となり始終渋滞が発生して通勤に支障をきたす状態も続きました。今もなお陸上競技場の周辺では大規模な復興工事が行われております。事務所のある地域も住宅地としてこれから液状化対策の実施が行われる予定です。2011年、浦安サッカー協会では「がんばろう浦安!」を標語とし、当クラブでも選手みずから標語をいれたリストバンドを作成して試合に臨みました。

このような状況のなか、徐々に街も活気を取り戻しつつあります。浦安市は千葉国体を契機に「生涯スポーツ健康都市宣言」を行なっており、液状化の影響で工期が3年遅れた陸上競技場もやっとこの4月にオープンに至りました。

当クラブは震災後もサッカーを続けることをが出来たことに対して浦安市や浦安サッカー協会、そして浦安市民の皆様に恩返しをしたいと考えています。この陸上競技場をホームゲームとし、観戦に来ていただける市民の皆様をサッカーやゲーム運営を通して「笑顔」にできるイベントとして捉えております。

また試合のみならず、日々の活動においても出来る限り市民の皆様や子供たちに笑顔をお届けできるように努めてまいります。その結果、市民の皆様に受け入れられるクラブとなり、そして笑顔あふれる浦安となることを願っております。

2015年の目標:

サッカーとして

関東1部リーグ優勝
JFLへの昇格
天皇杯への出場と2回戦突破

市民活動として
笑顔あふれるホームゲームで1000人集客
市内のジュニアサッカーチームとの交流を出来る限り行う
浦安市民活動に積極的に参加(10回以上)

2015年のスローガン:

一丸突破

2014年のスローガンは「一体感」でした。選手は選手、スタッフはスタッフという垣根を越えて、必ずしも経営環境が磐石には至っていないチームを一体となって困難を乗り越えていく、という意味合いでした。

2015年スローガンを考えるにあたり、経営陣で様々な議論をいたしましたが「一体感は継続させたいが、今年はより高い目標にチャレンジするためには一体感を持って乗り越えていく意識を高める必要がある」との合意に達しました。

そこで地域決勝大会でサポーターさんが作成した横断幕「浦安一丸」を張った時の気持ちを思い出し「一丸」という言葉を採用しました。そしてチームだけでなく、サポーターの皆様や後援会とも一丸となって目標を突破する、という意味で「一丸突破」といたしました。

———————————————————

皆様のご支援と熱い応援をよろしくお願いいたします。

またご意見などお寄せいただければと思います。(お問い合わせからぜひお願いします)

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
  • Nike
通算順位表
-->

Page to top