2019.05.11

千葉県選手権決勝/天皇杯出場決定戦

ブリオベッカ浦安

VS

明海大学

2
1 : 前半 : 1
1 : 後半 :
1

2019.05.11 - Kickoff 13 : 00

開催場 : フクダ電子アリーナ

<スターティングメンバー>

GK:南翔太

DF:石井幹人、長田 健、酢﨑祥人

MF:山崎紘吉、小島樹、橋本龍馬、村田翔、丸山晃生

FW:竹中公基、田宮諒

<ベンチスタート>

GK:山田修平

DF:秋葉勇志

MF:村岡拓哉、植田涼吾、川島征爾

FW:太田泰河、菊島卓

 

奇しくも浦安対決となった千葉県選手権大会。優勝チームは天皇杯本戦に出場出来る。つまり浦安が出場することが決定している。しかしそれで満足できる両チームではない。

まず明海大学は守りから入ったため、ブリオベッカが立ち上がりから攻め始めた。開始5分には村田のミドルシュートがクロスバーを叩き得点の予感がした。

直後にも小島がシュートを放つがGKにキャッチされる。攻め続けるブリオベッカ。

しかし前半11分に相手コーナーキックからミドルシュートを打たれてあっけなく失点。この日も失点から始まってしまった。応援席にも嫌なムードが漂う。

前半21分、長田のボレーシュートが決まらずその2分後には田宮がドンピシャのヘディングをするもGK正面。失点によるダメージはなく攻める時間が多い。

前半44分にはペナルティーエリアに持ち込んで竹中が右足で振り抜いたが相手GKが間一髪でセーブ。このまま前半終了か、と思われた45分、村田のコーナーキックに長田がダイレクトで思い切ったシュートを打ち込んで同点に持ち込んだ。長田は今期加入での初得点。

そのままハーフタイムに突入。

後半は山崎に代えて菊島を投入。

開始3分に竹中、10分に田宮とシュートを放つも決まらない。

後半14分には田宮がヘディングをするも惜しくもクロスバーの上。

そして15分、村田のロングクロスを竹中が頭でそらして、菊島がダイレクトで思い切って振り切ったボールがゴールに突き刺さった。逆転2−1。

その後は前がかりに攻めるブリオベッカに対して、カウンターで攻守を切り替える明海大学といった構図。中盤でしっかりボールを持つものの、前線にボールを放り込むとカウンターをもらってしまう。菊島、小島、田宮、丸山と左からボールを保持しながらパス交換で攻めることでカウンターを受けづらくする。

後半36分、足のつった長田に代えて秋葉。なんと今期初登場。

その秋葉がキャプテンマークを巻き、守備をコントロールし始める。相手の思い切ったシュートも体を当てて止める。久々のゲームにアドレナリンが高まっているのがわかる。

後半41分には同じく足のつった小島を村岡に代える。村岡も今期初登場。

負けている方の明海大学も必死にボールを前線に送り続ける。アディショナルタイム5分を加えて残り10分は防戦一方。

試合終了間際には明海大学のコーナーキックにGKも前線に押し出したパワープレイ。

これを凌いで試合終了。何とか勝利をもぎ取った。これは応援していただいた皆様で得た勝利です!

記録ではシュート数はブリオベッカ浦安13で明海大学は1。しかし得点差は1。打てども打てども入らないゲーム。しかし勝利は勝利。千葉県選手権4回目の優勝は天皇杯本戦出場4回目。3年ぶりの出場となった。

次節は関東リーグホームゲーム:5月18日(土)15:30キックオフ。会場は浦安市運動公園陸上競技場。こちらも応援よろしくお願いします。

天皇杯本戦情報:5月26日(日)13:00キックオフ 対 法政大学 会場はフクダ電子アリーナ

都並監督コメント:

「チームの目標である天皇杯に出場を決めたことでホッとしています。前半は相手が引いて来たところで形を追いすぎたという反省があります。後半は4バックに代えてより積極的に攻めたことが結果的に良かったと思います。試合中に足がつった選手が何名かおり、まだまだしっかりと鍛えて行かないとならないと感じました。」

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • 株式会社共栄石油
ブリオベッカ浦安 Banner
         

Page to top