2018.09.09

KSL 1部 後期 第7節 vs 東京ユナイテッドFC (Home)

ブリオベッカ浦安

VS

東京ユナイテッドFC

2
1 : 前半 : 2
1 : 後半 : 0
2

2018.09.09 - Kickoff 15 : 00

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

太陽が降り注ぐ9月。風が強く、試合の運営が心配されたが、入場者数は1134名と今シーズン一番となった。

試合に先立ち、都並TDを中心に選手も参加して、協賛スポンサーの明治安田生命様主催によるちびっこサッカー教室が開催された。

浦安はGKの佐久間が初出場。ボールへの反応の良さが楽しみだ。

また鈴井コーチが監督代行として指揮を取ることになった。ベンチに入った都並テクニカルディレクター(TD)とGKコーチの伊藤でこの難局を乗り切る覚悟だ。

始球式は舞田べか彦も参加。(インサイドキックが正確な舞田べか彦)

前半はTOKYO UNITED FCが風上を選びキックオフ。

いきなり風に乗って攻め込むTOKYO UNITED FC。これをなんとかしのいで反撃に出る。そして開始9分に奪ったコーナーキック。田中の正確なキックに合わせたのは山崎のヘッド。先制する。

その後は一進一退の攻防戦。3バックシステムで2人のウィングバックを含めて5人で守る浦安。相手のミスを誘い出し一気に攻め上がる。

しかし前半20分に攻めていた一瞬の隙をつかれ右サイドから蹴られたボールが風に乗ってゴール前に。相手選手の走力が勝りゴールを奪われる。

さらに前半29分にはフリーキックから失点と逆転されてしまう。

しかしベンチは焦らずに選手を落ち着かせる。

前半30分を過ぎると攻める時間が増える。石井、菊島と惜しいシュートを放つがゴールが決まらない。

そのままハーフタイムに。

後半は酢崎に代えて矢部を投入。

後半9分にコーナーキックを得るとヘディングシュート。GKにキャッチされるも再び中盤で奪い返してシュート。惜しくも決まらない。後半は風上で攻める時間が増える。

後半19分には田宮がドリブル突破して右サイドからグラウンダーのクロス。当てれば入るタイミングで石井が惜しくも外してしまった。いい流れが出来てくる。

後半29分、坂谷に代えて幡野。縦の動きが出てくる。

そして後半32分のこと、田中が粘り、そのまま左に走り込んだ菊島にパス。菊島が狙いすまして左足で中央にボールを入れると今度はしっかりと石井がこれも左足で蹴り込んだ。

これで追いついた。

後半35分、田宮に代えて太田(ゴッツ)。

攻める浦安。

しかしTOKYO UNITED FCもカウンターが早い。シュートを放たれるがGK佐久間が横っ飛びでセーブ。本領発揮だ。

アディショナルタイム4分が過ぎ、2−2の同点で試合を終えた。

インタービューで鈴井監督代行が「苦しい時に浦安の10年間の蓄積がしっかりと出て追いつくことが出来た。」

山崎選手「残り2試合なのでいきなりうまくなるわけではない。あとは気持ちです!」

石井選手「もっと得点を積み重ねたいです」

とそれぞれが語った。

内田市長、薗浦代議士、西川市議会議長をはじめ、多くの皆様にご来場いただきました。

勝利を得ることは出来ませんでしたが、ゲームは充分に楽しんでいただけたと思います。ありがとうございました。

<交代選手>

ハーフタイム 酢崎->矢部

後半29分 坂谷->幡野

後半35分 田宮->太田(ゴッツ)

<警告>

菊島(イエロー)

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
山崎 1点
石井 1点

<累計>
田宮 5点
坂谷 3点
村岡 3点
石井 3点
柏瀬 2点
秋葉 1点
丸山 1点
笠松 1点
菊島 1点
山崎 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top