2018.08.25

KSL 1部 後期 第5節 vs 東京23FC (Away)

ブリオベッカ浦安

VS

東京23FC

2
1 : 前半 : 0
1 : 後半 : 3
3

2018.08.25 - Kickoff 17 : 00

開催場 : 江戸川区陸上競技場

キックオフ時間の17:00となっても太陽が照りつけ気温が下がらない。1000人を超える江戸川陸上競技場の観客席も熱い。

この暑さのせいか、キックオフから前半20分まではお互いにスローペースの立ち上がりだった。徐々に太陽が傾き、向かって右の東京23FCゴール側が影に覆われ始めたころからペースが上がり始める。

富塚が自陣でボールを奪うと、左サイドから駆け上がりゴール前に切り込んでシュートを放った。惜しくも少し右に外れてしまったが、これが刺激となり激しい攻防戦が始まる。

前半36分、左サイドから丸山がゴール前にフィード。駆け上がっていた田宮が軽くトラップして振り切ったボールがゴールに突き刺さった。

前半は1−0で折り返した。

後半は立ち上がりから東京23FCのペース。幾度かピンチを迎える。

後半8分に石井が見事なボールキープ力を見せてシュートに持ち込みコーナーキック、菊島のロングスローと続けるもゴールに至らない。

逆に東京23FCが飯島選手を投入すると攻撃の加速力が増して、後半14分に左から(相手右)の駆け上がりを止められず、右に振られてあっさりと失点をしてしまう。

後半20分に釣巻に代えて太田(ゴッツ)。攻める姿勢。

しかし後半23分にも失点し逆転を許す。

後半24分に石井に代えて後藤。

その後、田宮のシュートがしっかりと枠を捉えるものの相手GKに弾かれる。

後半30分、田宮に代えて幡野、坂谷に代えて矢部。

その直後、菊島のシュートがGKに弾かれたがチャンスを演出する。そして2分後の後半32分に、太田(ゴッツ)からのスルーパスに反応したのは菊島。ゴールに流し込み今期初ゴール。

ここからは一進一退のゲームとなる。繋いでチャンスを伺う浦安に対して、自陣を深く守り、ボールを奪ったら一気に加速して走り込む東京23FC。

後半41分に菊島に代えて柏瀬。羽中田監督は引き分けは狙わずに攻める姿勢を貫く。そしてアディショナルタイムに突入。

監督の姿勢に応えようとどんどん攻め上がる浦安の選手たち。シュートが決まらず相手ゴールキックになるが、ここから速攻に切り替えた東京23FCが終了30秒前に得点する。

無情にも攻撃する時間もなく笛がなる。

後半は走力で勝る東京23FCに3失点。

これで東京23FCに2連敗。2011年からの全ての対戦成績は4勝4敗3引き分けのタイ。得点は浦安13、東京23FC15となった。

江戸陸までお越しいただいた応援の皆様、ありがとうございました。

<交代選手>

後半20分、釣巻->太田(ゴッツ)

後半24分 石井->後藤

後半30分 田宮->幡野、坂谷>矢部

後半41分 菊島->柏瀬

<警告>

富塚(イエロー)※次節出場停止

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
田宮 1点
菊島 1点

<累計>
田宮 5点
坂谷 3点
村岡 3点
柏瀬 2点
秋葉 1点
丸山 1点
石井 1点
笠松 1点
菊島 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top