2018.04.29

KSL1部 前期 第4節 vs ヴェルフェたかはら那須

ブリオベッカ浦安

VS

ヴェルフェたかはら那須

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 0
0

2018.04.29 - Kickoff 12 : 00

開催場 : 矢板運動公園陸上競技場

<スターティングメンバー>

GK:山田、DF:笠松、山崎、秋葉、富塚、MF:村岡、児玉、太田泰河、田中、丸山、FW:柏瀬

<サブメンバー>

太田俊輔、釣巻、矢部、石井、後藤、坂谷、菊島、田宮

暑い矢板。空気は乾燥してるものの、最も日差しの強い12時にキックオフ。暑さを制するチームが勝利するか?

前半立ち上がりから両チームとも攻防戦。前半5分に田中が飛び出してシュート。相手クリアでコーナキックを得る。ペナルティエリアで激しいぶつかり合いからファールを取られて相手FKになってしまったが良い流れを引き寄せた。

ここからようやくペースを掴むものの、ヴェルフェたかはら那須(以降「ヴェルフェ」)もカウンターからのドリブル突破が上手く、危ないシーンを迎える。前半16分には中央を突破されてシュートを打たれるが、ゴールポストに救われる。ひやりとする場面。

左サイドの田中と右サイドの太田泰河と左サイドの田中が上手くボールを運び込みチャンスを作る。

前半28分にはこの二人が見せ場を作った。田中の正確なクロスがゴール前に上がる。そこに太田泰河が走り込むが躊躇したのか少しずれた。惜しい。

前半37分、今度は左サイドバックの山崎のクロスに太田泰河。またもや合わない。

その直後に次の見せ場が訪れる。秋葉、田中と繋いで丸山が完璧なタイミングでのシュート。わずかにクロスバーの上。

前半は0−0で終わる。

後半は柏瀬と太田泰河を菊島と田宮の2枚替え。

後半16分、秋葉から繋いで丸山がシュート。GKががっちりキャッチするが、その後のカウンタを菊島が前線でカットして村岡にパス。村岡は交わしてシュートを打つがこれはクロスバーの上。

後半19分、右サイドから切り込んだ菊島の低めのクロス。フリーの田宮が当てれば入る、というタイミングで蹴り込めない。

後半22分、今度は菊島が決定機を外してしまう。

何度もチャンスを作るもののシュートの精度が今ひとつ。しかしサポーターの期待が高まる。

後半26分に児玉を代えて矢部。

後半30分、村岡の折り返しに飛び込んだのは2年ぶりに帰ってきた田宮のヘディングシュート。ゴールが決まり1点を取る。

ヴェルフェも個人技で切り込んでシュートを放つがこれを何とかしのぐ。

後半36分には山崎が強烈なミドルシュートを打つが惜しくも外れる。

後半40分に田中に代えて石井。その石井がアディショナルタイムにゴール前で思い切ったシュートを放つがなんとクロスバーの上。

結局1−0で勝利した。

攻める時間が多い中でなかなか得点が奪えず、ヴェルフェたかはら那須の早いカウンターにピンチを招くが、何とか1点を守り切ることできた。

羽中田監督コメント:

暑い中しっかりと守れたことは評価できる。しかし連携が今ひとつでなかなかチャンスを作れず、せっかくのチャンスもシュートを決められないことは今後の課題。次の東京23FCとの対戦に向けてしっかりと準備をしたい。

 

<交代選手>
ハーフタイム 柏瀬→菊島 卓、太田→田宮

71分(後半26分) 児玉->矢部

86分(後半20分) 田中->石井

<警告>

村岡(イエローカード)

田中(イエローカード)

 

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
田宮 1点
<累計>
坂谷 3点
村岡 1点

田宮 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top