2017.11.05

JFL 2nd.Stage 第14節 vs ヴェルスパ大分

ブリオベッカ浦安

VS

ヴェルスパ大分

1
1 : 前半 : 0
0 : 後半 : 0
0

2017.11.05 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 千葉県立柏の葉公園総合競技場

ホームゲーム最終戦。これまで雨が多く応援の皆様にもご不便な思いをさせてしまっていたが、この日はぬけるような秋の青空。明治安田生命様の協賛試合となり、今期最高の1049名の入場となった。

内田悦嗣浦安市長の来賓も得て勝利に向けて気合が入る。

スターティングメンバー GK:16本吉 DF:5矢部雅.3笠松.32後藤虹 MF:33石坂.14上松.7秋葉.17富塚 FW:24南部.31幡野.9田中俊

サブメンバー GK:1大野DF:21田中貴MF:6坂谷.27丸山FW:10清水.11多木.15菊島

 

立ち上がりから攻める浦安。

前半3分にコーナーキックを得る。ショートコーナーを選択して受けたボールをセンターに折り返すと、フリーで上松が強烈なミドルシュート。これがゴールネットを揺らした。しかしオフサイド判定。最初に受けた選手がオフサイドをおかしていた。会場は盛り上がりを見せたが残念。

ただそこから浦安はさらに攻撃を仕掛ける。

左右につないでクロスを上げて田中俊哉の胸トラップによるポストプレイ。大きなサイドチェンジをしながらセンターに切り返す。

前半17分、左サイドから切り込んだ富塚がペナルティエリアで倒されてファールを得る。

 

蹴るのは南部。相手GKのプレッシャーを得ながらも沈着冷静にゴールネットを今度こそしっかりと揺らした。1−0。

 

そこからも守りに入らずに攻め続ける浦安。一方のヴェルスパ大分はロングボールを正確に入れてチャンスを狙う。これがカウンターとなり危ない場面もあるが、センターバックしっかりと対処。

攻めでも献身的な姿が見られた。大きなボールが相手ゴールラインを割りそうになると、普通は諦めて相手ゴールキックにしてしまうことがあるが、走りきってそのボールを相手スローインにしてしまう。気持ちの入ったプレイに会場も盛り上がる。

 

前半28分、田中俊哉、南部とつないで上松が左サイドでボールを得て、得意のドリブルでペナルティエリアまで持ち込みシュート。これが惜しくも外れる。

その1分後にはクロスから南部のヘッドがクロスバーの上をかすめた。そしてつないで攻める浦安。

その後、ヴェルスパ大分の攻撃の時間となる。ゴール近くで相手フリーキック。これをしのいだ。

前半41分には南部がファールを誘い込んでフリーキックを得る。得点にはならないが、その後は相手ペナルティエリアでゲームをすることで攻めさせずに前半を1−0で折り返すことができる。

ハーフタイムはブリオベッカ浦安公式ダンスチームのBlueCATSが舞田べか彦とダンス。今日もキレキレのべか彦。ウェーブの披露もあって楽しい。

 

後半は幡野に代えて菊島を投入。

立ち上がりから今度はヴェルスパ大分が攻撃を仕掛ける。ゴール近くで相手のフリーキックをなんとか守った。

後半4分には上松のクロス。後半11分にはコーナーキックを得る。2本立て続けのコーナーキックもゴールには至らない。

相手ボールに対しても南部や富塚が体を張って止めるシーンが目にやきつく。

後半13分ごろからヴェルスパ大分のパスがつながり始める。そして後半14分には相手フリーキック。素晴らしいボールが入ってくるが、本吉が瞬時の判断でパンチングで防いだ。

後半18分に南部と田中俊哉に代えて清水と多木を投入。指示をだす柴田監督。

前半と打って変ってロングボールの浦安。大分はパスを繋ぐ。

菊島のロングスローが何度かあるが、相手GKの好セーブ。コーナーキックを得ても相手GKの近くに飛び、防がれてしまう。そして何度かGKの正確なキックで右サイド(相手左)からのカウンターにあってしまい危ない場面を迎えてしまう。ここも走ってなんとかしのぐ。

 

後半27分には菊島が力強いシュートを見せる。相手DFに当たってふわりとループシュートのようにクロスバーギリギリに入るが、相手GKが素晴らしい対応で得点とならない。

後半32分には本吉が飛び出してこれをかわされてしまい危ない場面があったが相手はゴールを決められない。

後半44分には相手フリーキックのこぼれ球を打たれてあわやゴールかと思われたが本吉がナイスセーブを見せる。

アディショナルタイムは4分。相手はボールを持つとドンドンとゴール前に蹴り込み何度もピンチを迎える。これをはじき返しカウンターにするもまた弾かれる、とボールは陣地を行ったり来たり激しい攻防となる。

最後まで集中して守りきり主審のホイッスルを聞いた。

 

前半はつないで浦安が主導権を握り危なげないゲームをしたが、後半は大分の展開の早い攻撃に集中してゴールを守り、ホームゲームで2連勝を得ることが出来た。

 

ホームゲーム最終のセレモニーではクラブ代表の谷口、柴田監督、秋葉キャプテンの挨拶。

そして内田浦安市長、浦田後援会長からも激励のお言葉をいただきました。

スポンサー様との記念撮影をしているある間に30分も経ってしまいましたが、サポーターのみなさまは辛抱強く出口で選手を待っていただきました。

その熱い思いを次の勝利につなげたいと思います。

 

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

南部 1点

<累計>

南部 7点

笠松 4点

清水 2点

多木 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点

後藤 1点

石坂 1点

菊島 1点

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス
--> 通算順位表

Page to top