2017.07.22

JFL 2nd.Stage 第3節 vs FC大阪

ブリオベッカ浦安

VS

FC大阪

2
2 : 前半 : 0
0 : 後半 : 1
1

2017.07.22 - Kickoff 14 : 00

開催場 : 千葉県立柏の葉公園総合競技場

スターティングメンバ GK 本吉、 DF 笠松 秋葉 富塚 田中貴、 MF 髙慶汰 清水 上松 濱田、 FW 菊島 南部

サブメンバー 大野 矢部純 矢部雅 坂谷 都並 丸山 田中俊

ピッチの気温は34度。湿度もあるが風のおかげで多少はすごしやすい。しかし選手達にとっては厳しい夏の始まりだ。相手のFC大阪とは分が悪い。JFL昇格を賭けた4年前の地域サッカーリーグ決勝大会で敗戦。JFLに昇格してからも3連敗。この流れをたちきれるか。

 

風上にサイドを取った浦安は右サイドから南部が突破して思い切ったクロスをあげる。シュートに行くことはできない。その直後にファーストシュートを放ったのはFC大阪。

 

風が強くなる中、ゴール左側からフリーキックを得る。上松のボールは風に流されてゴールラインを割ってしまう。しかし浦安が攻める時間が続く。

 

前半20分になると中盤でFC大阪がボールを支配し始める。そのプレスの強さに思わずミスが出てピンチを招くがなんとかこの時間を凌ぐ。

 

前半30分、右サイドから田中貴大がセンターに詰めてきた南部にパス。これを受けてペナルティエリアにボールを持ち込んだところを倒されPKを得る。

GKは長年ブリオベッカ浦安を支えてきた現在FC大阪の永井。ボールをセットしたのは清水。その時点で二人の視線を交錯させながらすでに勝負が始まる。清水のシュートはゴール右上に突き刺さった。

 

その4分後、またしても右サイドから田中貴大が持ち込み、ゴール前で南部にマイナスの優しいクロス。相手DFとGKに厳しく詰められた瞬間、後ろ向きにヒールでゴールに押し込んだ。技ありのゴールが決まる。

その後は浦安が攻める状態が続くも、前半終了間際にピンチを迎える。相手FWが飛び出しGK本吉と1:1となるが本吉が先にボールに触れてセーブした。

 

後半は2点ビハインドのFC大阪が攻める形から入る。特に中盤をFC大阪に支配され後半11分、12分、14分と幾度もピンチを招く。これをDFとGK本吉がことごとく跳ね返す。

しかし後半17分のこと、ちょっとした隙にDFの緩みが出て、ここに豪快なミドルシュートを叩き込まれる。

浦安は清水と坂谷、菊島と田中俊哉、南部と丸山、と早めのメンバーチェンジ。

 

コーナーキックから浦安、そしてFC大阪と立て続けに(お互いが)ゴールポストに当てるもゴールにならない。

 

その後もFC大阪の高いボール支配率から幾度もピンチを招くが、GK本吉の神がかりなセーブで失点を防ぐ。

 

一方の浦安は前がかりのFC大阪の逆手を取ってアウンター攻撃を仕掛けるが相手DFを崩せない。

 

息つく暇もない攻防が20分続く。胃がキリキリと締めつけられるような緊張感。

 

アディショナルタイムは3分。そして主審の笛。

 

柴田監督の初勝利を4年前から4敗しているFC大阪からもぎ取った瞬間だ。

攻めの力があり、一旦ボールを奪うと相手を翻弄しながらしっかりとシュートまで持ち込める力のあるFC大阪。それに対して左右にボールを振りながら柔軟にゴール前にボールを持ち込んで少ないチャンスを活かしたブリオベッカ浦安。GKとDFの集中力が最後まで途切れなかった。サポーターの皆様にもホームゲーム初勝利をプレゼントすることができた。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

清水 1点

南部 1点

<累計>

笠松 3点

南部 3点

清水 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点

後藤 1点

 

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス

Page to top