2017.06.21

第97回天皇杯2回戦 vs 柏レイソル

ブリオベッカ浦安

VS

柏レイソル

2017.06.21 - Kickoff 19 : 00

開催場 : 日立柏サッカー場

天皇杯2回戦は3年振り。前回の対戦はJ1で5連続無失点の浦和レッズ。そして今回はJ1トップを走る柏レイソル。

ブリオベッカ浦安は中2日、柏レイソルは中3日という厳しい日程だが、選手のモチベーションは最高潮に達していた。

スターティングメンバー GK大野 DF 秋葉、笠松、富塚、田中貴大 MF 矢部雅、上松、南部、坂谷 FW 清水、田中俊哉。

サブメンバー 太田、金井、藤原、髙慶汰、丸山、菊島、相馬。

 

試合開始10分はどちらが主導権を持つこともなく、スピードでボールを追いかける立ち上がり。いきなりトップスピードに乗って面白いようにボールが走る。そして上松がドリブルでセンターから抜け出し、お約束のブリオベッカ浦安ファーストシュート。これはセーブされてしまう。

前半11分には逆にカウンター攻撃を受けてコーナーキックを献上。シュートを打たれるも、守護神大野がブリオベッカ浦安応援団の目の前でファインセーブを見せる。

ここからは我慢比べとなる。どちらかがミスをすると失点する、という紙一重の際どいボールをお互いに回し続ける。スピードに乗っているのでちょっとしたミスが致命傷になる。柏レイソルの見事なボールさばきに引けを取らないブリオベッカ浦安のショートパスでの組み立て。

前半25分、久々のスターティングメンバーとなった坂谷が妙技を見せる。2人の相手選手に取り囲まれながら、3人目もひらりと交わしてドリブルで抜け出しシュートまで持ち込んだ。得点ならずとも思わず会場からため息が漏れた。

前半34分には大ピンチをしのぐ。相手のシュート性クロスに大野が反応。なんとか触ったもののボールはクロスバーにあたり、これがゴール前に跳ね返る。相手選手ともみ合いになり少しでも蹴らせると失点するという奪い合い。なんとか富塚がクリアーをしてしのいだ。サポーター席からは拍手が沸き起こる。

前半38分、田中貴大が左サイドからドリブル突破し、切り返しながらゴール前からシュートを打つも相手GKのファインセーブに合う。

前半の残り時間は柏レイソルが怒涛の攻撃。アディショナルタイムに入り、ペナルティーラインのすぐ外側でのフリーキックを与えてしまう。足元の狭いスペースを狙った鋭いシュートが放たれたがなんとか大野がセーブ。

前半は0−0で終了。

感覚的には4対6程度でボールを保持。柏レイソルのミスのない素早い攻撃にピンチを凌ぎながらも、ブリオベッカ浦安もミスが少なく見せ場も作った。

パスでつなぐ精度は負けてはいないものの、柏レイソルは正確なトラップと素早いパス。さらにその距離感が広い。つまりそれだけ精度が高くお互いの動きを体で理解している。それに対してブリオベッカ浦安は狭い空間でショートパスを繋いで局面を打開する。

後半10分までは柏レイソルの時間となった。サイドをうまく使いながらDFの選手が戻るとセンターにつないでドリブルで仕掛ける。しかしブリオベッカ浦安の守備は崩れない。高い集中力を保っている。

この局面を打開したのは南部。右サイドからドリブルで切り裂いて一人でゴール前まで持ち込んで技ありのミドルシュートを打った。残念ながら枠に入らず。

その直後(後半12分)にカウンターを受ける。左サイド(相手右)からパス交換され、ペナルティエリア外で受けたハモン・ロペスが思い切った低めのシュートを放つ。これが選手たちの間を抜けてゴール隅に決まってしまう。試合後の大野は「コースは見えていたが、少しだけDFの選手の足に当たりコースが変わってしまった」と残念そうだった。

 

それでも気持ちを落とさないでなんとか攻撃につなげる。

後半15分には南部が仕掛けて清水が合わせて思い切った飛び込みをするもあと少し。

しかし中2日の疲労が徐々に見え始め、前半はほぼなかったミスが少しずつ出てくる。これが致命的で、柏レイソルは見逃さずに攻撃の手を緩めない。

後半21分に坂谷に変えて菊島。後半25分には清水に変えて丸山と相次いて投入。この走れる2人で前線から必死のにボールを追いかけて相手を下げさせる。

後半40分には田中俊哉に代わって相馬。

後半44分、ボランチの矢部が思い切って前線に飛び出してボールを取って菊島にパスをお膳立て。相手を交わしてシュートを打つがGKのセーブに合う。

アディショナルタイム2分、秋葉が右サイドバックでボールを奪うと疲労も見せずにそのままドリブルで持ち上がる。南部につないで綺麗にクロス。ドンピシャで相馬が飛び込んだが若干飛び上がりの高さがずれたのか膝に当ててゴールならず。完全フリーの状態でのゴール前のチャンス。まっすぐ当てていればゴール、というシーンだった。

その後はJ1トップの柏レイソルがコーナーキックで時間稼ぎをする。それほどにお互い痺れる、際どい内容となっていた。

最後は左サイドから強引な突破をした相手選手を倒してしまい、笠松が今日2枚目のカードで退場処分。反則で退場は決して褒められることではないが、「ガリバー」相手に一歩も引かずに思い切って体で守った笠松には「ここまでよくやった」と浦安サポーターから拍手。

結局得点できずに0−1で敗戦。

トラップ・パスとも精度が高く、スペースを広く使ってもミスのない素早い攻撃のできる柏レイソル。同じ千葉県に我々が模範とできる素晴らしいチームがあり、そのチームと堂々と公式戦で戦うことができたことは、必ずブリオベッカ浦安の未来につながることとなる。

選手たちは柏レイソルのゴール裏まで挨拶に行った。Jリーグではない光景だが、柏レイソルのサポーターからは「よくやった」「早く上がってこい」とエールをいただけた。今期も柏の葉を主なホームとして戦うブリオベッカ浦安としては嬉しい体験だ。

一方、平日にも関わらず多くのサポーター、応援団が浦安から来て頂いた。ざっと800人以上。(スポンサーも含めてバスも4台出ていたようです)

 

組織化された素晴らしい柏レイソルの応援に対して、育成の選手や子供達の声が鳴り響いた浦安ゴール裏。

 

内田市長もブリオベッカ浦安のユニフォームを来て応援いただけました。どんなピンチでも声を張り上げて応援いただき、良いプレイには惜しみない拍手をいただけました。本当にありがとうございます。

(手前が内田 浦安市長、一番奥が秋山 柏市長)

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス

Page to top