2017.06.11

JFL 1st.Stage 第13節 vs ヴィアティン三重

ブリオベッカ浦安

VS

ヴィアティン三重

2017.06.11 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 千葉県立柏の葉公園陸上競技場(千葉県柏市)

スターティングメンバー:GK 大野 DF 秋葉、笠松、富塚、田中貴大 MF 矢部雅、髙、上松、清水 FW 菊島、南部

サブメンバー:太田、藤原、後藤、金井、釣巻、冷岡、田中俊哉

キックオフ直後ヴィアティン三重の攻撃から始まった。ファーストシュートはヴィアティン三重。全てのボールをセンターフォワードに集めながら、ここを起点に左右に揺さぶりながらチャンスを狙う。立ち上がり13分まではこの流れを止めることができず、終始守る形が続く。

流れを変えたのは左サイドからの攻撃。田中貴大と上松が押し上げチャンスメーク。14分には右サイドから秋葉と南部が切り込んで菊島がスルーしたボールを上松がフリーでシュート。しかし完璧なタイミングにも関わらずゴール左にそれてしまった。

ここから浦安の攻撃が冴え渡る。笠松からのボールを上松がワントラップでシュート。クロスバーの上。髙慶汰のミドルシュートも残念ながらクロスバーの上。左右から切り崩しながらシュートを打つも、どれもゴールにならない。

そんな攻めの調子が良いと完全に前がかりになってしまい、前半30分に一気に攻められて失点してしまう。

ここでもめげずに攻め続ける浦安。上松からのパスに田中貴大がドリブルで切り込んでシュートを打つもこれも決めることができない。

 

ボールを奪うととにかくセンターフォワードに向けてボールを送り込むヴィアティン三重に対して、左右から揺さぶりなが素早いクロスで攻める浦安。対照的なスタイル。前半は0−1で終わる。

 

後半は浦安の攻撃から。

後半5分には上松からのクロスに菊島のヘッドがクロスバーの上。

その後コーナーキックからのクリアボールに髙慶汰がダイレクトに打つもこれもクロスバーを超える。

後半15分には中盤で南部がパスカットをしてドリブルで持ち込んでミドルシュート。その直後に田中貴大と清水のパス交換から攻め上がり田中貴大がクロス気味のシュートを打つが相手GKに止められる。

後半20分には田中貴大のクロスに菊島のヘッド。

後半21分に田中俊哉が投入される。

そして後半24分に上松のヘッドが「ガシャン」と大きな音を立ててゴールポストに弾かれる。

金井、釣巻と相次いで投入するも結局ゴールを奪えず。

攻めても攻めてもゴールを取ることができない。決定力不足を露呈した試合だった。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

無得点

<累計>

南部 2点

笠松 2点

坂谷 1点

田中俊哉 1点

相馬 1点

丸山 1点

後藤 1点

清水 1点

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス
--> 通算順位表

Page to top