2016.06.05

JFL 1st. Stage第15節 vs ソニー仙台FC

ブリオベッカ浦安

VS

ソニー仙台FC

2016.06.05 - Kickoff 13 : 00

開催場 : フクダ電子アリーナ

JFLファーストステージ最終戦は昨年の覇者ソニー仙台FCとの対戦となった。ソニー仙台FCとは千葉県リーグ時代に練習試合をしていただいたことがあり、その恩返しとしても素晴らしい試合をしなくてはならない。また3連敗中でもあり、サポーターの皆様に届ける笑顔も必要だ。

Top2016-103

スターティングメンバーはGK 中島 DF 笠松 、山崎、 秋葉 、田中(貴) MF 矢部 、村田、 上松、 富塚 FW 竹中、 田中(俊)

控えは本吉、 西郡、 板倉、 坂谷、 清水、 中村、 南部。

午前中まで雨だったフクアリは午後には止みピッチは最高のコンディションとなっていた。ソニー仙台FCもつなぐサッカーが想定され、ブリオベッカ浦安のサッカーとで展開の早い、見所の多い試合となると、齋藤監督の試合前のコメントがあった。しかもボールがよく滑るピッチコンディション。

ブリオベッカ浦安の今季最高の952名の入場者もあり、会場は盛り上がりを見せた。

Top2016-104

キックオフから激しいボールの奪い合いとなり、立ち上がり数分間で攻守の入れ替わりが激しい。最初にシュートを打ったのは秋葉。しかしゴールを外れる。

 

早くも8分に何度かのコーナーキックを与えてしまいピンチを招くがこれを防ぎ、11分には絶好調の竹中のシュート。これも決まらない。

Top2016-105

ソニー仙台FCはパスタッチが短く、センターからでもつなぎながらゴールに攻め込める正確無比なコントロール。18分にはゴール前まで持ち込まれ素晴らしいシュートを打たれたが、これをGKの中島が素早い反応でファインセーブ。

Top2016-106

この時間帯はソニー仙台FCが攻め込む。特に左サイドの攻撃をなかなか止められなかった。

しかし20分からはブリオベッカ浦安の時間となる。右サイドから秋葉、上松、竹中とつないで攻めに入るが点には結びつかない。

26分にはカウンターで攻め込まれ、笠松が決死のクリアーで事なきを得る。

38分には秋葉からロングフィードを受けた竹中が右サイドからシュートを打つがGKが横っとびで弾きこれが決まらない。

Top2016-107

結局0−0で前半が終了。

 

後半開始5分のこと、左サイドを突破されグラウンダーのボールをゴール前の中央に振られて走ってきた相手FWをフリーにしてしまい失点。

これでまたもや失点からとなってしまった。

後半10分、11分と上松と竹中が相次いでシュートを放つもGKに止められてしまう。リズムが出てくる。

後半の体力勝負に強いブリオベッカ浦安だが、ソニー仙台FCも全く体力が衰える気配がない。後半22分から25分までは怒涛の攻撃を受ける。これをディフェンスが集中力で守る。

後半27分にようやく攻めに転じ、左サイドの田中貴大のドリブル突破から竹中が思い切って振り抜いた左足のシュートは惜しくもサイドネット。

Top2016-108

後半30分、32分と上松に代えて坂谷、富塚に代えて南部を投入して流れを変えたい齋藤監督。

その坂谷が狭い中を突破してシュートを打つもパワーが足りずGKにキャッチされる。

後半38分に田中俊哉に代えて中村。

後がないブリオベッカ浦安はしゃにむに攻撃に出るが、センターをがっちり守るソニー仙台FCからなかなかゴールが奪えない。

村田、竹中とシュートを打つものの、惜しいところでゴールが決まらない。

結局0−1で勝利に届かなかった。これで4連敗となりファーストステージは9位という結果となった。

 

Top2016-109

 

しかし多くの方にご来場いただき、JFLのテンポの良いサッカーの面白さは感じていただくことが出来ました。

セカンドステージは6月19日、新習志野駅近くの秋津サッカー場で始まります。また応援をよろしくお願いします。

ファーストステージを総括:

関東リーグよりもシーズン開始が1か月早いこと。昨年度は地決まで戦い、充分な休みを取れずに一気にシーズンに向かって上げて行った結果、練習での故障者が続出して想定の戦力で臨むことができませんでした。またJFLのスピードとパワーになかなか慣れず苦労しました。しかしその慣れが出た頃から勝利を手にすることができ、一時は4位に浮上。残念ながら最後は4連敗の10位と振るわないけれど、JFLで戦っていける自信はついたと思います。勝った時は紙一重、負けた時には力負け。そんな評価で現在の順位が妥当なのでしょう。

運営も手探りで行って来ましたが、ボランティアの皆様のご助力もあり、本日もしっかりと試合運営が出来ました。感謝致します。

残念ながら故障した選手や退団した選手もあったファーストステージでしたが、セカンドステージでは当初からの故障者は帰ってきます。JFLの戦い方を学んだ今後は、よりエキサイティングなサッカーをお届けするよう死力を尽くします。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

なし

<累計>

竹中 11点

田中俊哉 2点

南部 1点

坂谷 1点

相馬 1点

田宮 1点

(相手オウンゴール2点)

 

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス
--> 通算順位表

Page to top