2016.04.16

JFL 1st. Stage第7節 対FCマルヤス岡崎

ブリオベッカ浦安

VS

FCマルヤス岡崎

1
1 : 前半 : 0
0 : 後半 : 0
0

2016.04.16 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 千葉県立柏の葉公園総合競技場

Top2016-048

風も少なく、気温は22度。曇り時々晴。サッカーをするには申し分ない気候。柏の葉総合公園競技場の芝も青く生え揃い、ボールもよく滑る状態。

スターティングメンバーはGK 中島、DF 笠松 秋葉 山崎 田中(貴)、MF 矢部 村田 上松 南部、FW 田中(俊) 竹中。

そして控え選手は本吉 村上 坂谷 中村 板倉 相馬 田宮。

キックオフ直前、FCマルヤス岡崎の円陣からは「前から!前から!前から!」と選手同士の大きな掛け声が会場に響き渡った。一方でブリオベッカ浦安は齋藤監督の「守りから入る!」と対照的。

しかし実際にはブリオベッカ浦安が右サイドから徹底的な攻めを見せた。齋藤監督のこだわりを短く表現すると「守りから入って、廊下を使って崩して攻める」となる。まさにそれを立ち上がりから実現した。

開始11分、秋葉からのスルーパスを受けて竹中が右サイドをドリブルで駆け抜ける。ペナルティエリアまで持ち込んでフェイント。本来左足の彼がGKのポジションを見ながら右足でゴールを決めた。(かなり珍しい)

Top2016-049

前半15分まではブリオベッカ浦安のペース。特に球際での執念を感じさせ、ボールをマイボールすることが出来ている。

一方、FCマルヤス岡崎は切り替えが早い。前半16分に少し甘いパスをカットするとすかさず攻撃に切り替え、前線にピンポイントでボールを送り込む。

ゴール前でフリーでシュートを打たれ、あわや失点かという瞬間に山崎が防ぐ。

Top2016-050

その後は互角の展開となった。ロングボールを使って一気にゴール前にボールを出すFCマルヤス岡崎。図太い攻めでシュートを放つ。ブリオベッカ浦安のディフェンス陣は体を張った思い切りのいいクリアを連発する。GK中島の的確な指示と、ハードワーク。強いシュートにしっかりとクリアを入れるのでグランド内では「ボン!」という音が響き渡る。そのため相手にコーナーキックを多く与えることとなった。(前半のCKは浦安が1に対して岡崎が6)

ブリオベッカ浦安は右サイドの攻撃を多用した。秋葉と上松がクロスしながら前に上がり、竹中と田中(俊)に預ける。

前半は1−0で終了。

後半は浦安が先に攻める。村田のコーナーキック。山崎が手前に抜け出し、村田のボールがピンポイントでニアに放たれ山崎がヘディング。タイミング的にはゴールが決まったかに見えたがポストをかすめた。

後半8分、クリアミスしたボールをすかさず拾われシュートを打たれる。これをクリアしてコーナーキックを与える。そして空いたゴールのスペースが見えたところでフリーでシュートを打たれる。ヒヤリとしたが枠を外れた。

この日はGK中島は判断が早い。相手が右サイドに大きく蹴り込み、FWの選手がスピードを活かして駆け込む。ピンチ、と思ったがそれよりも早く中島が走り込み、しっかりとピッチの外にクリアをした。判断に迷いがない。

Top2016-051

後半14分にもピンチを招く。こちらのファールなのか、一瞬主審の笛が鳴ったように聞こえた。そのためブリオベッカ浦安の選手が動きを止めた。しかしすぐに主審は「プレイオン」。慌てて戻るがすでにゴール前まで攻め込まれフリーでシュートを打たれる。これも中島が素早く反応して事なきを得る。

後半18分、早くも南部と坂谷を交代させる。田中(貴)が突っかけ、坂谷がドリブルで仕掛ける。しかししっかりとした守りに防がれてシュートまでたどり着かない。

後半30分には上松に代えて田宮。田宮は前線左からボールを奪いにグイグイと加速する。

竹中もセンターからフェイントをかけながらシュートを打つもGKのセーブされる。

お互いに攻守の切り替えが早く目が離せない。

後半33分には竹中に代えて相馬。

何度もピンチを招くが、この日のブリオベッカ浦安の守備は集中力が衰えない。体を入れてクリア。

そしてアディショナルタイム3分を攻撃とボール保持でしのいでタイムアップ。ホームで初勝利をした。

この日の入場者数は357名となったが、会場にいらした皆様はJFLの試合を堪能できたと思う。これまで以上に攻守の切り替えが早く、ボール際の攻防も激しい。少しのミスが重大なピンチを招く。1点の重みが大きいので命をかけて守っているという必死さが見るものに伝わる。90分間文字通り目が離せない。

Top2016-052

これまでホーム3連敗と苦戦していたが、改めてホームゲームの勝利は良いものだと感じた。

Top2016-054

それは応援に来ていただいた皆様の笑顔だ。もちろんアウェイの勝利も素晴らしいが、ホームの勝利は格別だ。たくさんの笑顔に囲まれる幸せな時間を選手も満喫したにちがいない。

Top2016-053

なお、この度は平成28年熊本地震の義援金募金活動をさせていただきました。357名の入場者の皆様から、ご支援をいただきました。

募金いただいた総額は71,459円となりました。

Top2016-055

尚、募金の受け入れ先につきましては、現在調整中です。 決まり次第改めてご報告させていただきます。

皆様の温かいお気持ちに感謝いたします。ご協力ありがとうございました。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

竹中 1点

<累計>

竹中 2点

田中俊哉 1点

南部 1点

(相手オウンゴール2点)

Comments コメント

Comment RSS Feed

JFL2連勝・ホーム初勝利おめでとうございます。この勢いでどんどん勝ちを重ねてください。
今日、会員証届きました。ありがとうございます。

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス
--> 通算順位表

Page to top