2016.04.10

JFL 1st. Stage第6節対栃木ウーヴァFC

ブリオベッカ浦安

VS

栃木ウーヴァFC

3
1 : 前半 : 0
2 : 後半 : 0
0

2016.04.10 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 栃木市総合運動公園陸上競技場

桜が満開の栃木総合運動公園。到着時の10時過ぎにはJFLスポンサーであるデサント様主催による「JFL エンジョイサッカー umbro」が開催されていた陸上競技場。気温は朝からグングンと上がり、試合開始時には24度となっていた。

ピッチ状態もこの時期としては申し分なく、またほぼ無風状態で環境的には何ら問題がない。

Top2016-041

本日のスターティングメンバーはGK中島、DF秋葉、富塚、山崎、田中(貴)、MF矢部、村田、上松、南部、FW田中、竹中。

控えは本吉、村上、高井、中村、板倉、相馬、田宮。

笠松を怪我で欠き、山崎と富塚によるセンターバック。どちらも本来のポジションはサイドバックとなり、相変わらずセンターバックに不安を残すメンバー構成となった。しかし栃木ウーヴァFCも条件は同じで、スターティングメンバーのCBはMF登録の選手。条件は互角。

今節はGKが中島でJFL初出場。MFでは怪我で欠場の清水のポジションに南部が入った。

開始1分でゴール右約30メートルでフリーキックを得る。蹴るのは村田。これを受けて田中俊哉がシュートを打つもクロスバーの上を超えた。

その後、少しずつピッチに体を慣らしながらブリオベッカ浦安の選手は前に出始める。栃木ウーヴァFCがしっかりとセンターを固めながら守っているのに対し、ブリオベッカ浦安はうまくサイドを使いながら攻撃を仕掛ける。攻める時間が多いために右の秋葉が守りよりも攻撃に参加する頻度が多くなる。栃木ウーヴァFCは右サイドの切り返しが早く、左サイドバックの田中(貴)は上下を繰り返す。それが逆にフリーになるチャンスを作っている。このサイド攻撃がかなり功を奏しており、相手DFも引き気味に試合が流れる。

前半32分、ボールを持った村田が左サイドの田中(貴)にパス。これをショートパスで南部につなぎ、南部は相手の動きを見ながら前にヒールで送る。再びボールを持った田中(貴)がペナルティーエリアまで切り込み素早いクロスを上げると、相手DFに当たりゴールとなる。(放送では田中のゴールがコールされたが記録では相手オウンゴール)

Top2016-042

前半は1−0で折り返した。

後半はも前半と同じ構図で試合が始まる。サイド攻撃から、動きの良い竹中にボールが集まりだす。その竹中がペナルティーラインぎりぎりで倒されてフリーキックを得る。後半7分、ボールに対したのは村田と竹中。村田が蹴るそぶりを見せながらも、竹中が助走してシュートを打つと、ゴール左上に豪快にゴールが決まった。これで2−0。

Top2016-044

Top2016-043

この2点を契機に栃木ウーヴァFCが攻め始める。特に中盤でのパスワークが早く、シュートまで持ち込まれるケースが増える。

後半15分にはセンターバックとしてしっかりと守りをしていた富塚が左足首を痛め試合の続行ができなくなる。ここで板倉に交代。板倉は今季加入で初出場。毎日往復3時間以上かけて大網から浦安に通っている努力の人だ。ボランチながらセンターバックを任される。

前節は後半からパスが繋がらなくなり、後半だけで2失点して負けてしまった記憶が蘇るが、今節は違った。栃木ウーヴァFCの技巧的な攻撃に対して、むしろカウンター気味に切り替えることが増えてくる。

後半36分、上松に代わって田宮が投入される。すると流れが一気に変わる。両チームとも疲れが見え始めていた時間帯に、田宮がスピードと思い切りの良さで右サイドからドンドンと突破を仕掛ける。特にボール際での速さと、奪ってからの視野の広さが素晴らしい。

この田宮が右サイドをスピードで突破してゴール前の田中(俊)にパス。前節のゴールさながら、足を伸ばして倒れ込むようにして打ったシュートが相手に当たる。このこぼれたボールに走り込んだ南部が落ち着いでヘディングして3点目を決めた。今期初先発初ゴールと齋藤監督の期待に応えた。

Top2016-045

最後は竹中に変えて相馬。相馬の前線での守備で相手の攻撃の切り替えを防ぐ。

終了間際、ペナルティーエリアに持ち込まれあわや失点か?という瞬間に必死で戻った矢部が(どこからともなく現れたように)クリアし事なきを得る。

結局3−0での勝利。

両チームとも守りの要を欠く中、ブリオベッカ浦安は前節で先行しながらも敗戦した危機感を一体感に変えて勝利した。

Top2016-046

齋藤監督コメント:(今節は栃木ウーヴァFC主催の公式インタビューが実施されました)

若手が走り、ベテランがまとめた。我々らしいゲーム運びががしっかりと出来た。栃木ウーヴァFCとの実力差はないが、先週負けてしまったから、むしろ集中力が高まった。

2−0となってからはベンチが一体になっていかないとならず、我々はディフェンスの規律に立ち返えるように私自身が声を出してサポートできた。

今節のGK中島の起用は4敗して悲壮感が漂い始めた雰囲気を彼の持ち前の明るさで切り替えるために起用したがこれが当たった。

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

竹中 1点

南部 1点

<累計>

田中俊哉 1点

竹中 1点

南部 1点

(相手オウンゴール2点)

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス
--> 通算順位表

Page to top