2015.10.17

全国社会人サッカー選手権大会1回戦

ブリオベッカ浦安

VS

九州三菱自動車サッカー部

2015.10.17 - Kickoff 13 : 30

開催場 : 花巻市スポーツキャンプむら

BRIO2015-196

6000チームが参加する全国社会人サッカー選手権大会。その上位32チームが岩手県の各会場で決戦。
関東地方は雨だが、岩手県は快晴。キックオフの昼過ぎには夏のような陽気で太陽が眩しかった。

その太陽を味方につけたチームが結果的に勝利を手にした。

対戦相手は九州リーグ4位の九州三菱自動車サッカー部。企業のスポーツ活動をしっかりと続けている。

本日のスターティングメンバーは永井、秋葉、山崎、西郡、田中貴大、都並、坂谷、富塚、小田、村上。サブメンバーは本吉、高井、宮林、村田、上松、竹中、相馬。

開始早々、九州三菱自動車サッカー部の攻めが早い。そこでバタバタとしてしまったのが前半の敗因だろう。すべてが後手に回る形となってしまった。

立て直し始めたのは20分経過時の富塚のシュートが決まらず。その直後、一気にゴール前に攻めこまれ、ペナルティエリアの狭い中で混戦に。小さなクリアボールが相手選手のスペースに転がり込む。これを蹴りこまれ失点。ブリオベッカ浦安は太陽に向かっていたため、眩しさで視界が狭まり、更に守りの連携の悪さが出てしまった。

前半40分(この大会は40分ハーフ)は0−1で折り返す。

後半もペースは変わらない。サイドから攻めるブリオベッカ浦安はクロスを入れるとセンターバックに弾き返される。攻め込んでいるので守りが手薄。ここをピンポイントで攻められるので攻守の切り替えに苦労する。

後半7分、小田がペナルティーエリアで倒れたがこれがシミューレションの判定。

膠着した状況を打破するために監督は富塚に代えて村田を投入。中盤が落ち着き始める。更に都並に代えて上松。村上に代えて竹中。
これで攻めの形が整った。後半だけで10本以上のシュートを浴びせ続ける。しかし枠を捉えられない。そろそろ息切れし始める九州三菱自動車サッカー部だが、センターバックは気力を振り絞って足をだしてクリアー。

後半25分、右サイドから一気に攻め込み、秋葉のクロス。これを飛び込んできた竹中が冷静にゴールに運びこむ。応援団は大騒ぎ。しかし主審がファールの判定をする。結局ゴールは認められずキーパーチャージ。

ジリジリと時間が過ぎてタイムアップ。

後半は完全なブリオベッカ浦安ペースで、しかも太陽を背にして有利にもかかわらず得点ができなかった。九州三菱自動車サッカー部のゲームへの集中力と「根性」がブリオベッカ浦安を優っていた。

優勝を狙って乗り込んだにもかかわらず初戦敗退。

選手はそのまま岩手を後にして浦安に帰ることとなった。

60人のサポーターが浦安から駆けつけていただいたが、結果を残せずに選手、スタッフ一同は本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
敗因をもう一度整理して、地域リーグ決勝大会に臨みます。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top