2015.09.06

関東1部リーグ後期7節 流通経済大学FC

ブリオベッカ浦安

VS

流通経済大学FC

3
1 : 前半 : 0
2 : 後半 : 1
1

2015.09.05 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

勝てば次節で優勝決定の可能性もあり、非常に重要な試合。

イクスピアリ様による「イクスピアリ15周年スペシャルデー」として初めてのマッチデースポンサープログラムとなった。

BRIO2015-165

また浦安サッカー協会の女子を招待してU15セレイアスの紅白戦、U12(1年生から6年生まで)の少女たちのサッカーイベントを行った。低学年の女の子がエスコートキッズ。会場は一気に華やかなムードに。

この日は斎藤監督が資格取得のために参加出来ず、GKコーチの北埜が監督代行。1週間の間、北埜を中心に育成部長の上條コーチ、都並テクニカルディレクターの力を借りてトレーニングを徹底してきた。

キックオフ開始10分間はお互いに様子を見ながらも仕掛ける。

開始8分には流通経済大学FCのミドルシュート、9分にはサイドからの攻撃。立ち上がりは流通経済大学FCのペースとなった。

そんな中、徐々に勢いを取り戻すブリオベッカ浦安。15分、左サイドから村田〜上松のパス交換で左サイドを突破してシュートを打つ。これが弾かれたものの、スピードに乗ってゴール前に押し寄せたブリオベッカ浦安の選手たち。坂谷がこれを捉えてミドルシュート振りぬいてゴールを決める。

BRIO2015-166

北埜監督代行が1週間の間、斎藤監督不在のプレッシャーを感じながらチームを作ってきたこの恩に報いる一撃。

その後はブリオベッカ浦安の素早いパス交換からの攻めにチャンスが何度も訪れる。流通経済大学FCはこれを逆手に取ってカウンター攻撃。何度か中央突破をされるが防ぎ、お互い得点出来ず1−0で前半終了。

ハーフタイムには浦安出身のタレントの二人、黒澤 正徳さんとマキノ隆二のお二人による選手インタビューとイクスピアリお買い物券抽選発表で会場を盛り上げた。

BRIO2015-167

後半から右サイドバックの山崎を秋葉に代えた。

開始早々の後半2分、村田の絶妙なロングフィードを竹中が受ける。身体能力を活かして相手ディフェンスを振りきって競り合いに勝って倒れ込みながらもゴールに突き刺さした。これで6試合連続ゴールを決める。

 

BRIO2015-169

後半10分には秋葉のクロスを受けた竹中、正確にトラップして振り向きざまにまたゴールを決める。これで3−0と突き放した。

その10分後の後半20分、若くて運動力の落ちない流通経済大学FC。右から突破してクロスを上げるとドンピシャでゴールを決められる。3−1。

その後勢いづいた流通経済大学FCをブリオベッカ浦安はファールを受けながら必死に止める。

後半30分に坂谷に代えてトミー、40分には田中俊哉に代えて清水と力のある選手を入れながら体制を立て直す。しっかりと攻めに転じたがその後はゴールなく3−1で試合終了。

この日のインタビューはゴールを決めた坂谷と竹中。そしてまさに縁の下の力持ちの矢部が選ばれた。ボランチ矢部の献身的な仕事で村田が活き、サイドハーフの選手が走り、安心してゴールに向かえる。

BRIO2015-170

北埜監督代行も斎藤監督不在でエネルギーを使い切ったが責任を果たしてホッとしただろう。

翌日の試合で2位のVONDS市原が敗戦したため、次節で引き分け以上で優勝が確定します。

必ず勝利して皆様の目の前で優勝を決めます。

ぜひとも次節9月13日(日)13:00キックオフの試合をご観戦ください。

———————————

<本日のゴール>

竹中 2点

坂谷 1点

<リーグ累計>

竹中 16点

田中俊哉 7点

村田 3点

田中(貴) 3点

上松 3点

笠松 3点

坂谷 3点

高井 1点

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
  • Nike

Page to top