2015.07.12

関東1部リーグ後期3節 日立ビルシステム

ブリオベッカ浦安

VS

日立ビルシステム

4
1 : 前半 : 1
3 : 後半 : 0
1

2015.07.12 - Kickoff 11 : 00

開催場 : 日立ビルシステム大宮総合グラウンド

BRIO2015-122
試合会場のあるさいたま市は気温が35度。猛暑の中、試合がキックオフした。前節は浦安ホームにて1−3で日立ビルシステムが勝利。借りを返したいブリオベッカ浦安。前節と同じ結果を狙う日立ビルシステム。

試合前に村田が「前半は1点でいいぞ!」とFWの選手に声をかける。齋藤監督は「暑いので相手は疲れてくる。45分まで0−0でもいい、でも必ず前半終了前にチャンスが来る」と守備からの徹底。

ところがブリオベッカ浦安は試合開始早々からエンジンをフルスロットルにする。8分、11分、17分と立て続けにゴールを脅かす。11分のシュートは坂谷。ボールがゴールに飛び込んだ。副審のオフサイドを主審が取り消して、ゴールの宣言をするも、日立ビルシステムの選手達の猛烈な抗議で副審と協議してゴールが取り消された。(ビデオで確認するとオフサイドに見える)

とにかくシュートを打ちまくるブリオベッカ浦安。防戦しながらもチャンスを伺う日立ビルシステム。その攻撃をオフサイドで止め、これを笠松が間接フリーキックをするも位置が違っていて蹴り直し。再度蹴ったものの目の前の高井に簡単に渡してしまう。齋藤監督「危ない!」と叫ぶ。相手がプレスをかけ、たまらず高井が近くの矢部に。矢部のボールをそのまま奪われ、相手がゴールに向かって大きなループシュート。たまたま前に出ていた永井。バックステップでなんとか戻るが、ボールはそれをあざ笑うがごとくゴールに飛び込む。日立ビルシステムの技ありゴールが決まり失点からの再出発。お粗末な守備で連続無失点記録が途絶えた。

BRIO2015-123

日立ビルシステムの選手たちが「(浦安が)あんなにシュート打って決まらないのに、うちが簡単に得点するなんて面白い」とつぶやく。

これで気が引き締まったのか、前半41分、山崎が素早く入れたクロスに竹中がGKと競りながら低いヘディングを打ち込む。

BRIO2015-124

これで前半終了。前半のシュート数はブリオベッカ浦安12本、日立ビルシステム2本。

ハーフタイムで齋藤監督は「失敗は忘れろ。必ず俺達の時間が来る!」と鼓舞。

後半は完全にブリオベッカ浦安の一方的な展開となってしまった。

後半19分に上松に代わってトミーが投入される。割りと早い交代にトミーが応える。右サイドからドリブルで相手を振り切りながらドンドン突破してチャンスを作る。これまで何度も途中出場のチャンスを得ながら結果を出せなかったトミーが大暴れ。

BRIO2015-125

火曜日の会議で「悩んでないで昔のようにバンバン突破してゴール目指せ!」と発破をかけたのだが、まさに怖いもの知らず。昨年シーズン前から怪我で、シーズン中も力を出し切れなかったが、今シーズンは不安はないはず。あとは気持ちだけだった。吹っ切れたトミーはしゃにむに走った。

後半30分、矢部がボールを持った瞬間から前に猛ダッシュしたトミー。矢部はその速度を図りながらトミーの足元にボールを送る。相手はこれに追いつけず、ゴール近くまで走ったトミーが竹中に優しいクロス。少し大きめのボールだったので、竹中は一旦飛び込んだが軽いバックステップで戻りながら空いていた左スペースに完璧なヘッドを入れた。

BRIO2015-126

同年齢のこの二人!

そして2年の沈黙を破ってトミーが復活したと言っていいだろう。

後半31分、坂谷に代わって岩永。「がんちゃ〜ん!」コールが響く。

後半34分には村田のコーナーキックが直接ゴールに決まる。実はこのゴールには伏線があった。2節前のジョイフル本田つくばFC戦。ゴールの判定を得られなかったが、村田のコーナーキックがゴールに直接飛び込んでいる。今日は結果的に11本のコーナーキックを蹴っているが、左から蹴るボールは全てロングボール。何度もピッチの状態を試しながら右隅に決めることが出来た。間違いなく狙って蹴っている。

BRIO2015-127

後半42分。矢部が残りの力を振り絞って左サイドに転がったボールを追いかける。相手より一瞬早く追いついたが体を反転する余裕がない。そのまま後ろから走ってきた田中にかかとでバックパス。田中はセンターに走りこんできた竹中にパス。そのままボレーで蹴りこんだ。これで竹中は2試合連続のハットトリック。

BRIO2015-128

(淡々と給水補給している土屋が面白い)

残り2分で竹中に代わって相馬が投入。前線でしっかりと守備をしながら攻めた。

このまま試合終了。後半は相手側のシュートをゼロに押させてパーフェクトゲーム。ちょっとした気の緩みで失点したことが悔やまれるが、ほぼ崩されることはなかった。

齋藤監督コメント:

この暑い中、選手はしっかりとトレーニングを積んできているので、しっかりと守備をしていれば絶対に勝てると思っていた。今日は6人目の動きがだいぶ選手に浸透してきた。「6人め」とは、前に5人で攻めることが多いが、後ろに残っている6人目の選手が、守るか、ここは一気に攻めるかを自分で判断して、攻める場合には相手のマークがない状態で得点につながる動きをする。今日は矢部がいい動きをした。またトミーがやっと想定していた通りの動きをすることが出来た。

自分の理想ではリーグ戦9失点に抑えたかったが、今節までの12試合ですでに10失点。ディフェンスの連携をしっかりと見なおして次節に繋げたい。

———————————

<本日のゴール>

竹中 3点

村田 1点

<リーグ累計>

竹中 10点

田中俊哉 5点

坂谷 2点

上松 2点

笠松 2点

田中(貴) 2点

村田 2点

高井 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top