2015.07.05

関東1部リーグ後期2節 さいたまSC

ブリオベッカ浦安

VS

さいたまSC

5
2 : 前半 : 0
3 : 後半 : 0
0

2015.07.05 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 柏の葉公園総合競技場

BRIO2015-112

今年は浦安から離れたホームゲームを2回開催する。その最初のゲーム。前日からの雨でピッチが心配されたが、そこはさすがの柏の葉公園総合競技場、水はけがよくメンテナンスが行き届いているため全く問題がない。

ブリオベッカ浦安がコーチングをしている兄妹関係の浦安FA U15セレイアスと柏のU15女子、カナクラーヴォとの試合の後にキックオフした。(ちなみにボールパーソンはカナクラーヴォの女子たち。)

一旦止んだ雨が徐々に降り出すというコンディション。ブリオベッカ浦安に凶と出るか吉と出るか…。

試合開始10分で4本のシュートを放ったブリオベッカ浦安。雨は関係無いようだ。その4本目の竹中の特徴である、モーションの少ないシュートがクロスバーの少し上を超えた。これが強烈。竹中の日になる予感がした。

しかしすぐにさいたまSCも反撃。笠松が体を投げ出して防ぐ。最初の12分でこの日に活躍する選手が見えた。

そして前半18分、村田のパスを受けた竹中。そのままドリブルして左足を振りぬくとボールがゴール右下に突き刺さった。

BRIO2015-113

前半だけで村田、坂谷、上松、高井、田中貴大もシュートを放ち、ほぼブリオベッカ浦安がゲームを支配する展開となった。しかし3回連続コーナーキックも決められず、このまま前半終了かと思われた44分。またもや村田のパスから竹中が抜けだして左足からゴールを奪う。

BRIO2015-114

このまま2−0で前半を終了させた。

コズミック☆倶楽部のハーフタイムショーが雨の中ではあるが応援に駆けつけたファンの方々と一体となって盛り上がった。

BRIO2015-115

後半キックオフすると、さいたまSCが攻め始める。フリーキックを与えてしまうが、これはラッキーにもゴールをはずれる。

BRIO2015-116

その直後、右サイドでボールを受けた坂谷が相手に当てながら絶妙なボールを田中俊哉に。田中は角度のない右サイドから狙いすまして右足を振りぬくとボールがゴールに飛び込んだ。これで3−0。

BRIO2015-117

後半16分、山崎のクロスに竹中が素早い反応。それを防ごうと相手GKが竹中にタックル気味に当たる。竹中が倒れPKの判定。これを決めればハットトリックということでそのまま竹中が蹴る。なんなく決めて4−0とする。

BRIO2015-118

その後はさいたまSCの反撃もあり、防戦する時間も増える。前の時間に終了したVONDS市原は2−0で勝利。得失点差が、この試合開始前時点で5と広がっているので5得点は欲しいところ。

そのため攻める姿勢を崩さない齋藤監督は坂谷に代えて岩永を投入。その岩永が左サイドから再三攻撃と前線での守備に力を発揮する。

齋藤監督は次に上松に代えてトミーを投入。ドリブル突破をしかける。

後半38分、竹中がスローインを受けてそのまま疲れ始めた相手を翻弄するようにドリブル突破してゴールを決める。これで今日4点目とし、すぐに村上と交代した。

BRIO2015-119

その後はしゃにむに攻めるさいたまSCがどんどん前に出始める。これを永井がなんとか防ぐ。圧巻は笠松。相手選手が左サイド(相手右サイド)から攻め上がり、思い切ったシュートを放つ。そのまま失点かと思われた瞬間、笠松が滑りこんで体に当てて防いだ。

後半アディショナルタイムに相手ハンドからPKを得るも、田中俊哉のシュートは相手GKにセーブされてしまう。

そしてタイムアップ。

竹中はキレキレの活躍で4得点。そしてもう田中俊哉も得点をし、この日はフォワードが活躍した。また笠松の献身的な守備も評価したい。

竹中には今後期待したいが、昨年も1試合で5得点の活躍をしながら、その後得点を大きく積み上げることが出来なかった苦い経験がある。このムラッ気をなくして、常に小さくても得点を重ねられる選手となって欲しい。(現時点で得点ランキングで抜け出し1位になったのでこれをキープすることが至上命題)

齋藤監督は「危ない場面もあったが一体感で守りきり3試合無失点を評価したい。」と守備についてコメントした。

———————————

<本日のゴール>

竹中 4点

田中俊哉 1点

<リーグ累計>

竹中 7点

田中俊哉 5点

坂谷 2点

上松 2点

笠松 2点

田中(貴) 2点

高井 1点

村田 1点

 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top