2015.04.12

関東1部リーグ前期2節 さいたまSC

ブリオベッカ浦安

VS

さいたまSC

5
1 : 前半 : 0
4 : 後半 : 1
1

2015.04.12 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 秋葉の森総合公園サッカー場

昨日までの雨もやみ、優しい太陽が降り注ぐ絶好のサッカー日和となった。試合会場の秋葉の森総合公園は木々の間を抜けて心地よい風が吹いている。サッカーグランドのピッチも最高の天然芝のコンディション。こんな環境では本来の実力が試される。

前節はホーム開幕、しかも1300人を超える応援、更に一度も練習すらやったことのない新しい人工芝、とナーバスになっていたことが否めないが、2節はアウェイゲームでこの気候と環境。選手たちはリラックスしながら試合を迎えることができた。スタメンは本田、笠松、宮林、田中貴大、山崎、矢部、小田、村田、坂谷、田中俊哉、竹中。サブに本吉、都並、村上、トミー、岩永、西郡、相馬。

BRIO2014-051

 

13:00にサイドを入れ替えてのキックオフ。さいたまSCはほぼ5バックの布陣でしっかりと守りに来た。そのためブリオベッカ浦安が終始ボールをコントロールする。真ん中からの突破が難しくなるため、立ち上がりからほぼサイドからの攻め。

何度もシュートを打つも、素晴らしい天然芝に慣れないのか、ボールが微妙に浮いてクロスバーの上を超えることが多い。

BRIO2014-052

やっと芝に慣れてきたのか、前半10分、20分としっかりとミートしがボールがゴールに突き刺弾道。しかしさいたまSCのGKの素晴らしい反応によるファインセーブに阻まれ、浦安応援席からはため息が溢れる。

そんな中で前半43分、田中貴大が右からクロスを上げると左サイドの山崎がこれをダイレクトにシュート。GKが弾き返して、更に相手がクリアしたボールがセンタに詰めていた坂谷の元へ。坂谷はこれを狙いすましてミドルシュート。体勢を崩していたGKの頭上を超えてゴールに突き刺さった。やっと先制点。

BRIO2014-053

BRIO2014-054

前半はこのまま1−0で終了。

後半はピッチに慣れてきたのかゴールラッシュとなった。

まず後半10分。村田のコーナーキックがクロスバーを直撃。下に落ちたボールを笠松が蹴りこんだ。

BRIO2014-055

続いて後半17分。ゴール前の接戦で、田中俊哉が小さいパスで竹中につなぎ、これを竹中が押し込んで3点目。

BRIO2014-056

後半20分には小田に代わってトミーが入る。

3点差となり、5バックだったさいたまSCも、点を取りに行かざるを得なくなる。3バックとして攻めるさいたまSC.そして後半34分、相手右サイドから左にクロスボールが入り、それがセンターでフリーになった選手に渡り、きれいなゴールを決められてしまう。これで3−1。

しかし一方で5バックに苦労していた攻めも中央にスペースが出来て追加点を上げることになる。

後半34分には右サイドから田中貴大が田中俊哉に見事なパス。田中俊哉は正確に蹴りこんで4−1。

 

BRIO2014-058

後半45分に坂谷に代わり都並、竹中に変わり村上が投入される。

その直後、中央突破をした田中俊哉が倒されてPK。みずからこれを田中俊哉が決めて本日2点目。

BRIO2014-057

これで試合終了。

ピッチに合わせていったこと、相手が引いて守る戦術ながら点差がついたために攻めに出てきたことでかえって攻めやすくなったことが大きな点差になった。

さいたまSCのサッカーのうまさに対して、攻撃のバリーションが勝ったと言えようか。

浦安から応援に来てくれた子どもたちやお母さんから「近くで見ると選手の声がよく聞こえて臨場感たっぷり」と話していた。

BRIO2014-059

(浦安から来ていただいた応援の皆様)

陸上競技場オープンにより、ホーム試合においての(陸上トラックにより)距離感が遠くなってしまったが、アウェイゲームはアウェイなりの楽しみ方があります。ぜひアウェイゲームにも足を運んでください。

———————————

<本日のゴール>

田中(俊哉) 2点

坂谷 1点

竹中 1点

笠松 1点

<リーグ累計>

田中(俊哉) 2点

坂谷 2点

田中(貴) 1点

竹中 1点

笠松 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top