2014.09.15

関東サッカーリーグ1部後期8節対tonan前橋

ブリオベッカ浦安

VS

tonan前橋

3
1 : 前半 : 1
2 : 後半 : 0
1

2014.09.15 - Kickoff 13 : 00

開催場 : 柏の葉公園総合競技場(H)

USC2014-142

柏の葉をホームゲームで利用するのは今期2回目。他に天皇杯千葉県決勝でも対戦をした場所で、ある意味浦安SCのホームに近い感覚で試合が出来る。この2試合勝ちがなく、残り3節を考えると絶対に負けられない対戦となった。そのことは監督が選手に言うまでもなく選手にはよく分かっている。ここで敗戦すると2位のチームとの勝ち点差が3となり、優勝できない可能性が残ってしまう。

その気持ちが試合開始後に重くのしかかっていることが一目でわかった。特にセンターバックの二人の動きが硬く、のっけからtonan前橋の中央突破を許してしまう。前半15分、そのtonan前橋のドリブルを止められずあっという間に失点。重苦しい雰囲気が漂った。

しかしピッチでは選手達が声を出してそのどんよりとした気分を一新させる。とたんに目が覚めたようにサイド攻撃をしかける浦安。失点を恐れずどんどん前に前にと攻め上がり始める。

坂谷のこのプレイは圧巻。右サイドから突破してゴール前でボールを奪われると、相手をコーナまで追いつめて捨て身でボールを奪還。このプレイが選手達を更に活気づけた。

USC2014-143

前半30分、その坂谷が右サイドからゴール左にいる清水にセンタリング。清水はこれをシュートせずに走って来た田中に向けて絶妙のヘディングで配給。田中は追って来た相手DFを振り切りながら左足でボレーシュート。これが見事にゴールに突き刺さった。

長いトンネルをやっと抜けた田中。控えめに拳を握って選手達の祝福を受ける。

USC2014-145

ずっとゴールがなかったことを本人はどのぐらい負担に感じていただろう。それでも練習で抜群のセンスを見せる田中を監督は先発で使い続けた。この日は結局1ゴールに終わったが、観客席から見ていても田中のコンディションが上向いている事はよく分かった。あとの課題は落ち着いてゴール前でボール処理すること。そうすればまだまだ得点を狙える。

前半は1−1で追いついて折り返す。

この日はイベントを企画。ひとつは柏の葉総合公園競技場のツアー。これはFacebookで募集された。コズミック倶楽部のハーフタイムショー。ちなみに選手のピッチ内練習の際にはtonan前橋も浦安SCもコズミック倶楽部のお二人にスタートメンバーの選手の名前を読み上げていただいた。

cozmicclub2014-01

会場が一気に華やいだ。

後半も吹っ切れたように浦安はサイドからの攻撃の手を緩めなかった。しかしtonan前橋のGKが素晴らしいタイミングで動き、シュートをことごとく止める。スタンドで観戦していた浦安サッカー協会の会長が「相手のゴールキーパーは凄いね」と絶賛するほどの切れ。

後半20分、ロングフィードに素早く対応した竹中が一人でドリブル突破。中央を疾走した。tonanのDFがペナルティーエリア前後でたまらず竹中を倒してしまった。レッドカードとPK。

蹴るのは清水。PKは絶対に外さない自信がある。しかしtonan前橋のGKは素早い動きでこのPKを弾いた。清水はそれを予想した動きで、弾いたボールを落ち着いてゴールに決める。これで逆転。

USC2014-141
この日は斎藤監督が早めに動いた。まず竹中に代えて練習で絶好調の岩永。この交代は当たった。後半43分にゴール前でGKのいないゴールに体ごとゴール(冒頭の写真)。岩永は今期リーグ戦で初得点。怪我からの復帰が遅れ、こちらも長いトンネルを抜けた感じがある。

USC2014-144

そして清水に代えて宮林。坂谷に代えて小林。小林は素早い動きで相手DFを翻弄。しかしGKと1:1となるも決めきらない。

結局3−1での勝利。公式記録ではシュート数は浦安SC24本にtonan前橋3本と圧倒。しかし得点差は2点。チャンスを確実に決めたtonan前橋と数々のチャンスを外した浦安SC。技術はあるのだろうが、終盤にかかってのプレッシャーにうまく対応が出来ていない。

これで得失点差が36(44得点8失点)で勝ち点6差であと2節。優勝への大きな足がかりとなった。

—————————-

<本日の得点>

田中 1点

清水 1点

岩永 1点

<リーグ累計>

清水 12点

竹中 10点

田中 5点

小林 2点

矢部 3点

上松 2点

秋葉 2点

坂谷 2点

西郡 1点

山崎 1点

笠松 1点

村田 1点

吉永 1点

岩永 1点

 

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
  • Nike

Page to top