2014.08.31

関東サッカーリーグⅠ部後期6節

ブリオベッカ浦安

VS

流通経済大学FC

1
1 : 前半 : 0
0 : 後半 : 2
2

2014.08.31 - Kickoff 15 : 00

開催場 : RKUフットボールフィールド(H)

USC2014-135

後期6節はホームゲームながら千葉県で開催会場の手当がつかず、結局対戦相手の流通経済大学のグランドをお借りしてホームゲームを開催することとなった。

浦安SCはこれまで通り、左右からのバランスの取れた攻撃スタイルでまずはゆったりと試合に入った。

対する流通経済大学FCは身体能力を活かしたスピードとパワー、そしてしっかりとしたドリブルが強みだ。

パスサッカー対パワーサッカー。

前半29分、竹中がボールを持つと村田にパス。それを見た秋葉が右サイドから抜け出し村田のパスを受ける。そしてセンターでフリーになっていた清水にマイナスのクロスを入れる。フリーの清水がインサイドキックでなんなくゴールを決めた。

1−0で折り返す。

後半立ち上がりから10分までは完全に浦安SCのペース。いつゴールが入ってもおかしくない波状攻撃をするも、なぜかシュートに勢いがなく相手GKにしっかりとセーブされてしまう。

その刹那、流通経済大学FCにボールが渡ると左サイドからドリブル突破を許し、見事なミドルシュートを決められてしまう。

そこからは流通経済大学FCのペース。力のあるドリブルを止められない。何度も危ないシュートを受けるが、永井がなんとかセーブする。

反対に浦安もスピードを出し、一気に駆け上がる時間も増える。しかし相手ペナルティー手前で秋葉と坂谷が交錯して秋葉が出血。二人とも治療のためにピッチから出る事となり、一時は11:9人で試合をすることとなる。

そこからペースが乱れ始める。止血をした秋葉が痛恨のPK献上。永井がボール方向に飛ぶも失点し1−2。

試合はこう着状態となり、浦安も得点が出来ず1−2で試合が終了した。

公式記録ではシュート数は浦安19本に流通経済大学FCが5本。なんとも確度の低いシュート…..課題が残った。

関東リーグにおいて、2011年の最終節で勝利してから2012年の18試合、2013年になってから前期9試合と後期4試合の合計32試合連続無敗で記録がストップした。(おそらく関東リーグ記録だと思います)

茨城県まで応援にいらしていただいたサポーターの方には大変申し訳ない負け方をした。これを教訓に次節から気持ちを入れ替えて勝利を目指して欲しい。

—————————-

<本日の得点>

清水 1点

<リーグ累計>

清水 11点

竹中 10点

田中 4点

小林 2点

矢部 3点

上松 2点

秋葉 2点

坂谷 2点

西郡 1点

山崎 1点

笠松 1点

村田 1点

吉永 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top