2014.07.26

関東サッカーリーグⅠ部後期2節 対 FC KOREA

ブリオベッカ浦安

VS

FC KOREA

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 0
0

2014.07.26 - Kickoff 16 : 00

開催場 : 赤羽スポーツの森公園競技場(A)

USC2014-119

後期第2節。これからの2試合が極めて重要になる。過去4年間にJFLに昇格したチームの関東リーグでの最終成績は悪くて2分1敗。町田ゼルビアは2分0敗。それだけの圧倒的な力を持っているチームが昇格を手にしている。この2試合で2勝することで勝ち点差を広げ、2、3位のチームとの勝ち点差を広げておきたい。そのためにも勝ちにこだわる試合をすることが必要だ。

気温は午後4時とはいえ35度。人工芝の照り返しでグランドは体感温度40度近い。そのためか前半はどちらのチームの動きに生彩を欠き、ミスが目立つ立ち上がりだった。そういう意味では中盤でのボール争いが多く、ゴールまで運ぶチャンスが少ない。

前半10分過ぎ、FC KOREAが思い切ったミドルシュートを打ち込み、永井がナイスセーブで防ぐ。

USC2014-120

これがカンフル剤となったのか、浦安SCは右サイドからの攻撃に徐々にリズムが出始める。

前半はお互いに決め手のないままに終了。

後半は午後5時で多少気温が下がって来た。浦安SCはスピードを変えるギアを入れ、右サイドだけでなく左サイドからも前にドンドン仕掛け始める。

惜しかったのは田中のこのヘディング。

USC2014-121

天皇杯で浦和レッズの阿部に見事に決められたシーンと同じ。田中も定石通りGKの足下に叩き付けた。が、ほんの少しだけ手前に落ちてバウンドがそれた。本人さぞかし悔しいはずだ。

後ほど見ていただくビデオの中で村田が、前半相手を疲れさせて、後半スピードを上げて得点を目指すといったようなコメントをしているが、前半と後半では全くと言って良いほどリズムが良くなる。

竹中のミドルシュートも惜しかった。

後半30分に坂谷に代えてトミーが登場。怪我で7ヶ月ほど試合に出る事が出来なかった。練習試合で調整しながら、関東リーグでの今年初出場。

USC2014-122

そのギャップを感じさせない力強いドリブルで観客を湧かせた。

後半34分、ゴールから15メートルほどの左サイドから得たフリーキック。10分ほど前に同じような位置から清水が蹴って枠に行ったもののGKに抑えられた。今度は村田。そのフリーキックは低い弾道で選手の足の間を抜いて直接ゴールに転がり込んだ。技あり!のゴールだ。意外な事に今期リーグ戦初得点。

USC2014-123

その後、岩永を投入。監督からは「クロスボールに飛び込め!」と送り出される。その岩永が走る、走る、飛ぶ。あと5センチでヘッドにミートする惜しいタイミング。そんな状況となるとFC KOREAもファールの数が増える。イエローカードが結局4枚(浦安はゼロ)。

残り5分が緊迫した試合となった。引き気味だったFC KOREAがなりふり構わず前線にボールを出し始める。積極果敢にドリブルで突破を試み、ゴールに迫る。浦安は宮林を投入して、献身的にコースを消しに走る。

斎藤監督から「あと1分」「あと30秒」と小刻みに声がかかるなか、なんとかしのいで終了のホイッスル。

記録では浦安のシュート数9本(KOREA3本)、コーナキック6本(KOREA0)、直接FK13本(KOREA4本)、GK4本(KOREA13本)。この数字を見るとどれだけ攻めたかが分る。しかし1得点に終わったという決定力の弱さが浮き彫りになった。

今回からyoutube動画に監督と選手のインタビューを載せてみました。浦安の戦術と、選手の生の声が聞けます。

—————————-

<本日の得点>

村田 1点

<リーグ累計>

清水 8点

竹中 4点

田中 4点

小林 2点

矢部 3点

上松 2点

秋葉 2点

坂谷 2点

西郡 1点

山崎 1点

笠松 1点

村田 1点

 

 

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
  • Nike

Page to top