2014.05.19

関東サッカーリーグⅠ部前期7節対東京23FC

ブリオベッカ浦安

VS

東京23FC

2
0 : 前半 : 0
2 : 後半 : 0
0

2014.05.18 - Kickoff 13 : 30

開催場 : 江戸川区陸上競技場(A)

USC2014-062

主催者側の発表では来場は2000名。ほぼ二分していたように見受けられ、双方1000の応援を集めた事になる。筆者の3年間の経験では最大の観客数。おそらく関東リーグでこれほどの集客が出来た試合はこれまでまれではなかったか。

天気も晴天で頂上対決。いやがうえにも盛り上がるカードとなった。

浦安SCと東京23FCの対戦成績は過去3年間で(関東リーグ昇格戦を含む)浦安の2勝1負1引き分け。勝ったチームがリーグ1位を確定することでもあり、双方負けられない。また東京23FCは東(ひがし)東京に拠点を持ち、江戸川が本来のホームと考えられる。それに対して浦安は江戸川を挟んで対面の街。すなわち江戸川を挟んだ街の江戸川クラシコの様相だ。その盛り上がりと開催地の結果、これほどの観客を誘致出来たことは、両チームがいかに地域密着を心がけているかがわかる。

USC2014-063

エスコートキッズも江戸川区の近隣の小学生。

試合開始前、監督が選手に対して「いいか、前からしっかり守れ。前で守備をするとボールが中盤にこぼれてくる。それをつないでチャンスを作れ。」と話していた。

お互いに気合いが凄く感じられ、この試合に向けての入念な準備と体調管理がなされたに違いない。ミスをした方が負ける、そんな気がした。

USC2014-064

キックオフ開始後、いきなり東京23が仕掛けてくる。最初の5分間は文字通りの猛攻。浦安SCは防戦一方に。

なんとかしのぎ、次の5分は浦安SCが攻めにかかる。シュートがクロスバーに当たるなど惜しいシーン。

双方は中盤でボールを奪い合い、攻守が凄まじい早さで入れ替わる目が離せない状況が続く。お互いにチャンスがあればシュートを狙う。GKが素早い反応で防ぐというGKの守り合いの様相。シュート数は前半で8本(相手3本)だが公式記録以上に足は振られていた。これが記録でシュートとカウントされるかされないか、の違いはボールがゴール方向に飛んだか飛ばないか。ボールを蹴る瞬間に体や足で止めるとカウントされない。双方それなりに足は振ったが浦安のDFがそれだけ反応が早かったのだろう。

しかし東京23FCのボールへの執着心は凄まじかった。浦安にボールが渡ると、最低2人で取り囲む。必ずボールを取り返すという意気込みが強く感じられる。

USC2014-065

幾度となく浦安SCの選手がグランドに倒れ込む。一方の浦安SCは当初こそ力負けしていたが、慣れてくると直前にボールをパスしたり、先読みをしてかわすことが多くなる。この試合は剛と巧の戦いとなっていた。絶対負けたくない東京23FCの気力と、これまで修羅場をくぐり抜けて来た浦安SCの冷静さは後に試合を決定付けることとなる。

前半は双方それなりにチャンスがあったがお互いにゴールを決められずに0−0でハーフタイムを迎えた。

東京23FCのファシリテーション(会場の運営管理)は学ぶべき事が多かった。駐車場の誘導、応援の皆様へのサービス、試合前やハーフタイムでのショー。そして警備の配置。いつ上のカテゴリーに上がってもすぐに対応できそうな準備がなされていた。

後半になって試合が動いた。前線からしっかりとプレスをかけていた浦安。相手選手がたまらずバックパスを出す。これを狙っていた竹中。そうなるとゴールを背にしていた相手選手と、ゴールに向いていた竹中では初動が違う。左右を振り切って竹中がボールを奪い、GKと1:1になったところを正確にゴールを決めた。

 

USC2014-066

(斎藤監督のこの表情)

 

2点目はビデオの通り。最前線でしっかりとFWが守備(つまりボールを積極的に奪いに行った)をした結果、相手DFがたまらず小さなクリアをした。そこでは秋葉がフリー。あとは秋葉が巧みで内側に切れ込み、本人曰く「あれはずっと練習してたんですよね」との通り見事にゴールに突き刺した。

 

振り返ってみたら監督の言葉通り、前線でしっかりと守備をした結果相手ミスからボールが転がり込み、それを巧みの技でゴールを決めた。

相手にも惜しいシュートがあるが、写真の通り浦安SCの守備の集中力は最後まで途切れなかった。

USC2014-067

そして試合終了。

この試合はどちらが勝ってもおかしくない白熱したものだった。パワーと気力なら東京23FCの方が上だったろう。しかしそこを無失点になんとか抑え、少ないチャンスをものにした浦安に軍配が上がった。公式記録ではアシストがついていない得点。浦安は結局流れのなかで相手を崩しての得点は出来なかった。言い換えると致命的なミスをした方が負けたとも言える。90分の間、体力と集中力がどこまで続くかの我慢比べに勝利した形だ。

USC2014-068

これほどたくさんの方に勝利を祝っていただき、また勝利をプレゼントすることが出来た。

サポーターの皆様、浦安サッカー協会の皆様、浦安4種の子供達を連れて来てくださった方々、応援いただいた全ての皆様。本当に感謝致します。

 

—————————-

<本日の得点>

竹中 1点

秋葉 1点

<リーグ累計>

清水 7点

竹中 4点

田中 3点

小林 2点

西郡 1点

山崎 1点

上松 1点

矢部 1点

笠松 1点

秋葉 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top