2013.07.21

関東サッカーリーグⅡ部後期4節対VONDS市原

ブリオベッカ浦安

VS

VONDS市原FC

3
0 : 前半 : 0
3 : 後半 : 2
2

2013.07.21 - Kickoff 11 : 00

開催場 : ゼットエーオリプリスタジアム(H)

関東リーグ後期も中盤戦となってきた。浦安SCはあと2勝で2部優勝が確定する。その重要な試合の対戦相手が現在2位のVONDS市原。これまで公式戦で負けた事はないが、関東リーグに昇格して単独2位は立派。しかもこの試合は浦安SCがホームながら、市原市が誇るゼットエーオリプリスタジアムでの試合。当然ながらVONDSのサポーターもたくさん観戦に来られている。

これに対して浦安SCもエスコートキッズ、選手作成のリストバンド販売、選手サイン会などのイベントで多くのサポーターにご来場いただいた。

USC2013-155

公式記録では観客人数は830名。今年度の関東リーグでは最大ではないだろうか?いや、この規模は歴代関東リーグではなかなかないと思われる。ちなみに観客動員数では浦安SCが明らかに上回っていた。子供達や中学生が多いのが浦安SCの特徴だが、それに加えて大人のサポーターも多かった。

USC2013-156

選手入場ではVONDS市原にもお願いをして少年達のエスコートをお願いした。浦安JSCの少年達はVONDSの選手達にも話しかけてもらい、和気あいあいの入場となった。ちなみにこのエスコートの発案は浦安SCの選手会。

前半開始早々、VONDSにスピードで攻め込まれ、ゴール前の混戦に。ボールがゴールを割ったがオフサイド判定に救われる。浦安SCはボールを大事にしながらサイドから揺さぶりをかける。VONDSは徹底した守りからボールを奪うと速攻でゴールに駆け上がる。そんな対照的なスタイルだが、お互いに決定的なチャンスを決められない。

USC2013-157

(攻める選手会長の秋葉)

後ほどビデオを見ていただくとわかる(浦安が右に攻めている前半)が、浦安SCのサッカーの上手さに対して、VONDSは力で守る。前半はシュート数がほぼ同じ。互角の戦いとなった。

後半開始2分。いつもなら浦安はいきなりスピード攻撃をしかけるが、今回はVONDSに押されてゴールを許し、VONDSサポーターの大声援を浴びてしまう。

失点から始まる試合は前期のアルマレッザ戦以来。選手には気落ちの様子はなく、淡々と浦安のサッカーを続ける。そして後半12分。

USC2013-158

USC2013-159

サイドからフィードされたボールがゴール前で清水に。それを後半から出場の長谷川に。長谷川がおちついて足を伸ばしてゴールを決める。VONDSの選手がオフサイドをアピールするものの、写真を見ると微妙に長谷川が清水より後ろにいてマイナスのパスであることがわかる。

これで試合は振り出しに。

しかしその3分後、またもやVONDSの速攻にディフェンスが破られ失点。やはりホームグランドはVONDS市原なのか、少し浦安側に嫌なムードが漂う。

このムードを打開しているのが長谷川太郎。左サイドからボールを持つと、相手DFの重心を見ながら巧みにゴール前にボールを運ぶ。

USC2013-160

相手にしてみればとても嫌な選手だ。後半開始25分ごろからVONDSに疲れが見られ始める。VONDSは早い選手交代。浦安の斎藤監督は動かない….。

このまま時間が過ぎれば負けてしまう、と誰もが思った後半35分。

USC2013-161

村田がボールを持ってペナルティーエリアにドリブルで切れ込んだ。右に体をターンして抜きにかかった瞬間、相手DFが後ろから村田の足をひっかけ村田が転倒。意図的ではないにしろ、ペナルティーエリアでのファール。これでPKを得た。

PKは熟練の清水。

USC2013-162

これが決まって再び試合は振り出しに。

 

こうなると同点でも追いついた浦安の選手が勢いに乗る。先ほどまで左サイドで相手をかわしていた長谷川が右サイドでボールを受けてドリブルで駆け上がる。相手を引きつけておいて中央に上がって来た田中に絶妙のクロス。田中はフリーで受けてきっちりとゴールを決める!

USC2013-163

残り10分の攻防は見物だった。サポーターはお互いに息をのむ展開に痺れただろう。浦安はまず都並を投入。疲れた中盤をしっかりと立て直す。

しかしVONDSはこのままだと負けてしまう。波状攻撃が始まった。ボールを大きく前に出しながらゴール前で粘る。

USC2013-164

GKの本田が必死に体を張って防ぐ。浦安側もVONDS側もサポーターの悲鳴の嵐。

斎藤監督は逃げ切りの一手を打つ。スピードのある豊田を投入。

USC2013-165

VONDSは決死の攻撃を続ける。

USC2013-166

本田がボールを押さえる。

アディショナルタイムは4分もあった。浦安SCは右サイドからトミーがボールを持ちながら攻める。相手に取られないように慎重にパス交換をしながら時間を稼ぐ。そしてタイムアップ。

USC2013-167

斎藤監督のこの表情。

浦安SCはシーズンで一度も負けていない。

USC2013-168

次の試合で勝てば残り4試合を残して関東リーグ2部の優勝が決まる。まさに圧倒的な力を見せつけて欲しい。

——————————-

試合終了後に選手達による支援金募金のサイン会が行われました。

USC2013-169

たくさんの支援金を募金いただきありがとうございました。

次節も支援金募金のサイン会を違う選手で行います。募金をいただければ選手サインと選手が自ら作成した写真入り選手カードをお渡しします。次節もご声援お願い致します。

 

本日の得点

長谷川1得点

清水1得点

田中1得点

累計

岩永9得点

清水8得点

田中8得点

トミー6得点

小林6得点

山崎4得点

村上4得点

西郡3得点

村田3得点

秋葉2得点

竹中2得点

長谷川2得点

佐藤1得点

(なお得点者は公式な記録ではありませんので公式には関東リーグの発表を確認してください)

 

 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top