2019.07.15

KSL1部 後期第1節 vs 流通経済大学FC

ブリオベッカ浦安

VS

流通経済大学FC

1
1 : 前半 : 1
0 : 後半 : 0
1

2019.07.15 - Kickoff 16 : 00

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

<スターティング>

GK:山田修平

DF:藤池翼,山崎紘吉,石井幹人,富塚 隼

MF:菊島卓,小島樹,村田翔,秋葉勇志

FW:植田涼吾,幡野貴紀

<ベンチスタート>

GK:南翔太

DF:笠松亮太

MF:小林瑞知,丸山晃生,橋本龍馬

FW:竹中公基,田宮諒

後期1節はボルボ東邦オート特別協賛試合として行われた。

エキシビジョンは浦安の「見明川SC」対「マリーナFC」の対戦となった。

ボールパーソンと担架は浦安市立見明川中学校サッカー部のみなさん。

キックオフ後は浦安が主導権を握る。前期1節では同じ流通経済大学FC戦でサイドバックで活躍した植田だが、最近はフォワードの選手としてスターティングに名を連ねる。その植田が豊富な運動量で前線を走り、そこにサイドからボールを合わせる。

15分ほど浦安の攻撃の時間が続いたが、その後は流通経済大学FCが中盤からのプレッシャーを強め、攻撃に転じる。

前半23分には秋葉が横っ飛びのボレーシュートを打つもクロスバーの上に外れる。

しかしその後もボールを奪っての攻撃になかなか出られない。

ジリジリと時間が過ぎるがどちらも決めて欠けて得点には至らない。

後半35分、左スローインからセンターの村田がフリーで受け、右サイドの富塚に渡す。富塚は幡野にパスをしてそのままゴール前にグラウンダーのクロス。小島が飛び込んで完璧なシュートを打つが、相手GKのファインセーブ(パンチング)に阻まれる。

しかしこのボールを村田が再び右サイドの富塚にパス。富塚の低いクロスに合わせたのは植田。相手DFと競りながらボールのコースを少し変えると、そのままゴールに飛び込んだ。

数試合スタメンとしてFWで起用されながらもなかなかゴールを決めることが出来なかった植田がついに初ゴールを決めて雄叫びをあげた。(冒頭の写真)

このまま前半をリードで折り返すことができるかと思った前半40分、ペナルティーラインの外側でハンドのファールを取られ相手FKに。ゴール前に綺麗に上がったボールにうまく合わされてすぐに追いつかれる。

前半は1−1で折り返した。

(会場で人気の舞田べか彦)

ハーフタイムでダンスを披露するBlueCATs。

後半のキックオフ。立ち上げり3分、コーナーキックから山崎が走りこみ倒れながらのヘディング。惜しくもサイドネット。

その後も植田、富塚が相次いでクロスをあげるもシュートに至らず。

相手攻撃をうまく阻止し、秋葉がすかさず左サイドにいた小島にパス。小島は後方から一気にドリブルで駆け上がり、ペナルティーエリアまで持ち込んでシュートを放つ。しかし戻ってきた相手DFに当たってしまう。決定的な機会だった。

(攻撃する小島選手)

後半13分には植田から幡野へ。幡野から小島にパス。小島はヒールでチョンとコースを変えてそのまま走り込んだ幡野がダイレクトシュート。これも完璧な連携とタイミングだったが、相手GKのスーパーセーブに阻まれた。

得点の匂いはするが決まらない。

後半20分に植田を竹中に交代。同30分には小島と丸山を交代させ、丸山がサイドバックに。富塚を中盤にあげて攻撃の起点を増やす。

こう着状態が続いたが、後半37分。お互いヘディングでハイボールを奪い合う中で、高いボールをゴール前に上げる。ここに走り込んだ幡野が難しいボールをダイレクトに打ち込むがわずかに外れる。

その後は中盤からうまくつなぐことが出来ず、ミスからカウンターを受けるなどして体力の消耗が目立ち始める。

後半41分に幡野田宮、菊島小林と相次いで交代。

その後はたたみかけるような浦安の攻撃。しかし流通経済大学FCは体を寄せてシュートをブロック。

アディショナルタイムにはペナルティーライン付近から相手DFの股を抜く技ありシュートを竹中が放つも、横っ飛びをした相手DFが指先で弾いて阻止。観客席からは歓声ともため息ともとれる声が響いた。

結局1−1のドロー。公式記録ではシュート数が浦安13本、流通経済大学FC5本と大きく上回るも、結局追加点を奪えずに勝ち点1に甘んじてしまった。

今シーズン、流通経済大学FCとは2試合とも引き分けという結果となった。

都並監督コメント:「後期1節ということで必ず勝ち点3を取ろうと頑張ったが引き分けた。相手が引いて固く守るチームだったのでもっと攻撃のバリエーションを作って点を取らないとならなかった。ファールとミスで失点をしたが、試合の中では選手たちは頑張ってくれた。次節も同じような展開になると思うが、勝ちきりたい。」

植田選手コメント:「前半いいボールが自分の所に来てやっと点が取れたが、もっとチャンスはあった。そこを活かせなかったのは自分の甘さと反省をしている。相手の守備がしっかりしている中で、どう点を取って行くかを練習でもう一度確認して次に臨みたい。」

———————ブリオベッカ浦安 記録———————

結果1−1

観客数711名

<今節>

植田 1点

<累計>

富塚 3点

藤池 2点

小島 2点

幡野 1点

菊島 2点

村岡 1点

村田 1点

竹中 1点

植田 1点

<警告>

なし

<交代選手>

後半20分 植田→竹中

後半30分 小島→丸山

後半41分 幡野→田宮

後半42分 菊島→小林

 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • 株式会社共栄石油
ブリオベッカ浦安 Banner
         

Page to top