2018.07.07

KSL 1部 前期 第9節 vs 栃木ウーヴァFC (Home)

ブリオベッカ浦安

VS

栃木ウーヴァFC

2018.07.07 - Kickoff 16 : 00

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

<スターティング>

GK:谷 、DF:秋葉,笠松,藤原,田中、MF,富塚,矢部,坂谷,幡野、FW,柏瀬,田宮

<サブメンバー>

GK,山田、DF,山崎,酢崎、MF,児玉,村岡,釣巻、FW,菊島

雨の降り続いた1週間、やっと天気が回復したものの強い風が残る浦安市運動公園陸上競技場。

無敗で単独トップの栃木ウーヴァFCを迎えた。

試合前のエキシビジョンは浦安ジュニアの明海FCとイーストJr.FC。

暑い中、大人のサイズのピッチで楽しく走り回っていた姿が印象的。

栗林歯科医院理事長の栗林様のキックインセレモニー。

前半の立ち上がり、浦安は攻める形から入る。シュートまで持ちこもうとするもゴールにいたらず。

そこから栃木ウーヴァFCの強いプレスにボールを奪われて速攻でピンチを招く。前半12分に失点。その3分後にはカウンターのドリブルを止めようとした藤原がファールを取られてPKを献上。

GK谷がPKを弾くも、そのボールを蹴り込まれて失点。15分で2失点してしまう。

ここから作り直し、ボールを回し始める。

秋葉のクロスに田宮が合わせ、決まったと思われたがクロスバー直撃。何度かチャンスを作ることができるがシュートがうまく枠を捉えられないか、捉えてもGKのポジションに打ってしまって決まらない。

そして前半33分にゴール前の混戦から相手にフリーで蹴らせてしまい0−3と引き離される。前半はこのまま終了。

ハーフタイムはマッチスポンサーの栗林歯科医院主催のイベント。舞田べか彦とレモンアンドシュガーが登場。

 

Blue-CATSのダンスも会場を盛り上げた。

後半は田中に代えて山崎、矢部に代えて村岡を投入。この交代でリズムが出たのか、後半は浦安が攻撃をする形となった。

ほぼ空いてサイドでボールが動く。

相次いでCKを取るも得点には繋がらない。村岡がドリブルで相手選手を引きつけながら持ち込み、幡野が受けてシュート。しかしGKに阻まれる。

15分をすぎると山崎がサイドからするすると持ち上がり持ち前の気持ちの強さでクロスをあげる。これも幡野に渡るがシュートは決まらない。

柏瀬に代えて釣巻。秋葉に代えて菊島。監督はどんどん攻め続ける。

浦安の攻撃のペースは上がってくるものの、栃木ウーヴァFCの守りは堅牢だ。少し中盤でもたもたするとたちまちボールを奪われてカウンター攻撃を誘発してしまう。

最後に坂谷に代えて児玉を入れてドリブルからボールをフィードする攻撃パターンを使う。

しかし得点を奪うことができない。

終了間際の笠松のヘディングも惜しくもゴールポストをそれてしまった。

結局前半の3点差を取り返すことなく試合が終了した。

会場にいらしていただいた皆様の応援に応えることができなかった…。

これで前期が終了しました。

次週から後期が始まります。皆様に感動を与えらえるサッカーを目指して頑張りますので引き続き応援よろしくお願いいたします。

<交代選手>

ハーフタイム 田中->山崎、矢部->村岡

後半19分 柏瀬->釣巻

後半30分 秋葉->菊島

後半37分 坂谷->児玉

<警告>

富塚(イエロー)

藤原(イエロー)

児玉(イエロー)

 

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
なし


<累計>
坂谷 3点
村岡 2点
田宮 2点
秋葉 1点
柏瀬 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top