2018.05.19

KSL 1部 前期 第6節 vs VONDS市原FC (Home)

ブリオベッカ浦安

VS

VONDS市原FC

2018.05.19 - Kickoff 15 : 30

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場


この日は、明治安田生命特別協賛試合として600名近くの皆様にご来場いただき、会場を盛り上げていただきました。明治安田生命 JJ倶楽部の皆様中心に大きな声援をいただきました。

同じ千葉県同士の闘い。

<スターティングメンバー>

GK,34,山田 修平、DF,3,笠松 亮太、 DF,6,山崎 紘吉、 DF,7,秋葉 勇志 、DF,25,釣巻 涼 、DF,8,富塚 隼 、MF,4,村岡 拓哉 、MF,5,矢部 雅明 、MF,21,田中 貴大 、MF,18,坂谷 武春 、FW,14,柏瀬 暁

<サブメンバー>

GK,30,太田 俊輔、DF,23,藤原 直哉、MF,10,幡野 貴紀、MF,13,児玉 昇、MF,19,太田 泰河、MF,20,石井 光、FW,15,菊島 卓

 雨が心配されたが午後は晴れ間も見えて良い気候に。この日は浦安市内小学校の運動会が開催されて子供達の応援が少なかったが、明治安田生命の皆まさの熱い声援が会場に響いた。トータルの入場者数は1055名。

試合は明治安田生命大谷樣のキックインセレモニーから始まった。

1週間前の試合では負けはしたものの、前半の立ち上がりから浦安らしいスピードとパス交換で相手ゴールに迫り見せ場を作った。今節はその動きを期待したい。

しかし立ち上がりはボールが飛び交うことで攻守が短い時間で入れ替わる。

前半7分に相手FKを与えてしまい、GK山田がキャッチミスをしてゴールを決められてしまう。

そして前半12分、相手CKから簡単に失点。あっという間に0−2と劣勢に追いやられる。

その直後、今期VONDSから移籍して怪我で調子の出ていなかった柏瀬が奮闘し、クロスからシュートを放つがこれはGKに防がれてしまった。

この柏瀬、相手攻撃の際もしっかりと自陣に戻り、相手の強いシュートを体ごと飛び込んでヘディングでクリアをする。調子の良さが見えてくる。

しかし前半38分、ゴール近くで受けた矢部のボールを簡単に奪われて失点。全試合でも富塚が同じような失敗をしているため残念な失点だ。

徐々にリズムを取り戻すも前半は0−3

で終了した。

後半は奮起を促したい。

後半6分、前半のミスを取り戻したい矢部がボールを思い切ってミドルシュート。力強い弾道でゴールに迫るが相手GKのナイスセーブ。得点にならない。

これをきっかけにしたのか、ようやく浦安の選手たちにエンジンがかかり始める。左右からボールをクロスで入れ、チャンスを演出する。

センターバックの富塚もチャンスと見るや前線に上がりボールを受ける。

(富塚と一昨年浦安に在籍した池田とのマッチアップ)

後半16分には田中の絶妙なクロス。あと一方でで坂谷に合わない。惜しい場面だった。

後半18分と21分に選手交代。坂谷と釣巻を下げ、幡野と太田泰河(ゴッツ)を投入。

ボールは動き始めるもシュートまでなかなか打たせてもらえない。

後半26分、柏瀬に代えて菊島。

後半27分に幡野のCK。ゴール前に素晴らしいボールを入れる。シュートを放つもGKに防がれる。

後半33分に田中を代えて石井。

VONDSも3得点を背景に思い切って攻撃を仕掛けてくる。防戦の時間を作られてしまう。

アディショナルタイムには枠に飛んできたボールを笠松がゴールライン上でクリア。ことなきを得る。

そのままタイムアップ。これで2年前の千葉県選手権を含めてVONDS市原FCには3連敗。

得点差がついたため、試合後はダメージが大きかったが、振り返って見直すと、要所要所ではうまく攻撃をして非常に惜しい場面があった。失点がミスによるもの、というところが残念ではあるが、これを契機にして思い切ったサッカーに転じてほしい。

<交代選手>

後半18分 釣巻->太田泰河

後半20分 坂谷->幡野

後半26分 柏瀬->菊島

後半33 分 田中->石井

<警告>

6 山崎(イエロー)

7 秋葉(イエロー)

 

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
無得点
<累計>
坂谷 3点
村岡 2点

田宮 1点

————————

試合後、特別協賛をしていただいた明治安田生命の皆様と。


 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top