2018.05.13

千葉県選手権大会決勝 vs VONDS市原FC

ブリオベッカ浦安

VS

VONDS市原FC

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 2
2

2018.05.13 - Kickoff 13 : 00

開催場 : フクダ電子アリーナ

フクアリでの試合は小雨も含めると5試合連続の雨。雨でピッチがよく滑り、ボールが動きやすいという意味では試合の動きがあり面白い内容になるのではないかと予想された。

立ち上がりは完全に浦安のペース。

まずは前半4分、この試合ではMF出場の秋葉が見せる。思い切って振り抜いたミドルシュートは惜しくもクロスバーに当たってしまう。前半6分には村岡、秋葉とパス交換でつなぎ、坂谷がタイミングよくシュート。惜しくもGKに阻まれた。

左右にサイドチェンジを繰り返しながら途切れないパスで攻め込む浦安。羽中田サッカーの面白さが出ていた。

前半16分には決定的なチャンスが訪れる。柏瀬と田中が連携しながらクロスを入れると、ドンピシャのタイミングで坂谷へ。しかし相手選手が視界に入ってしまったのか、クリーンヒットせずに阻まれてしまう。

前半20分をすぎるとVONDS市原が勢いを持ち始める。お互いにファールも増えてFKの機会も増える。

前半26分には強烈なミドルシュートを浴びるが山田がパンチングでしのぐ。

前半残りの時間はロングボールとサイドから切り返しをうまく使ったVONDS市原に攻められ、しっかりとこれを守る形で過ぎていく。浦安はむしろカウンターをうまく使いたいが、シュートまではなかなか進めない。

前半は0−0で終了。

後半になりすぐにFKを得る。ゴール前で田中がこぼれたボールに思い切って足を振り抜く。しかし力が入り過ぎたのか大きくクロスバーを超えてしまった。

後半12分には柏瀬が技ありのシュートを放つがこれはGKに弾かれる。

攻守が瞬間的に入れ替わるめまぐるしい展開になる。

そして後半22分、相手CKをクリアしたものの、相手選手に狙いすましたミドルシュートを打たれ失点してしまう。0−1。

その2分後の後半24分、今度は村岡、田中、坂谷とパス交換をしてゴール前に攻め込むと、浮いたボールに村岡がヘディング。相手GKが弾いたかに見えたボールはバウンドしてゴールラインを割り、ゴールの判定。1−1。これで振りだしに戻した。

後半26分には坂谷と柏瀬に代えて幡野と菊島を投入。

その2分後、後頭部に相手選手のヘディングが当たった村岡が倒れ込んで起きられなくなる。頭だけに動かせず6分ほどの中断をして村岡と太田泰河(ゴッツ)に交代。

その後は攻めの起点がうまく機能しないのか、一方的に攻められる。

後半40分、浮いたボールを軽くヘディングで処理しようとした富塚の落としたボールをさらわれて2対1を作られてあっさりと失点をしてしまう。1−2。

なりふり構わず攻め始める浦安。菊島のシュートはクロスバーの上。幡野のシュートも枠を外してしまう。

残りわずかになったアデョショナルタイムにはVONDS市原が前線でボールをキープしてタイムアップ。

残念ながら2年連続の天皇杯出場は実現しなかった。

千葉県選手権としては準優勝という結果となりました。

雨の中でのたくさんの応援をいただきありがとうございます。

次はリーグ戦ホームゲーム。

5月19日(土)15:30キックオフ

会場は浦安市運動公園陸上競技場です。対戦相手は今回と同じVONDS市原FC。

切り替えて次の勝利を目指します。応援よろしくお願いいたします。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top