2018.04.14

KSL 1部 前期 第3節 vs 流通経済大学FC

ブリオベッカ浦安

VS

流通経済大学FC

2
1 : 前半 : 1
1 : 後半 : 0
1

2018.04.14 - Kickoff 15 : 30

開催場 : 浦安市運動公園陸上競技場

今期、浦安での2試合目は悪天候。気温15度だが雨と風が強いので寒い。

 

初めての15:30キックオフだが競技場の利用時間の制限で準備にあまり余裕がなかった中、地元のジュニアチームのエキシビションマッチも実現できた。

対戦カードは新浦安ユナイテッドvs舞浜ファルコンズ。20分ハーフとはいえ、経験のない大人のピッチサイズとゴール。しっかりとボールが回って得点も入り、楽しい試合だった。そして何より子供達に選手たちも触発された。

この日のキックインセレモニーは衆議院議員、内閣総理大臣補佐官の薗浦健太郎様。

前半は風上に立ったブリオベッカ浦安、勢いに乗ってドンドンと攻め立てる。

前半10分までは切れ味の良いサイド攻撃が効果的。右の秋葉と左からはスタメン600日ぶりの山崎、そしてMFで起用された田中が前がかりでクロスを入れる。

そこから幡野と村岡が切れ込み、菊島がゴールに迫る。惜しいシーンが何度か続く。

そして前半27分、中盤で秋葉が右サイドの幡野に絶妙なパスを送ると、幡野は得意のドリブルで切り込んでクロス気味のシュート。これが相手DFに当たり、そのボールを坂谷が奪ってペナルティーの外から狙いすましたシュートが決まる。これで3連続得点。絶好調だ。

しかしその約10分後にちょっとした間を突かれて失点。振り出しに戻った。

そのまま前半は1−1で終了。

 

ハーフタイムはBlueCATSと舞田べか彦の競演。雨のなか、素敵なパフォーマンスを披露した。

 

後半は風下となる。

前半とはうって変わって流通経済大学FCが風に乗って攻め立てる。パスの精度とスピードが素晴らしい。GK山田のナイスセーブもあり、これをしのぐ。

後半10分に菊島に替えて矢部を投入。村岡のワントップ。

後半20分には坂谷に替えて柏瀬。今度は柏瀬がワントップとなる。

後半24分に山崎に替えて釣巻、32分には石井に替えて太田泰河と積極的な選手交代をする。

ここまでは完全に流通経済大学FCのペース。しかし後半40分を過ぎると、選手交代が効き始めたのか、浦安が攻める形に転じる。

そしてアディショナルタイム突入。

左の深い位置で矢部がボールを得ると戻っていた幡野に繋ぐ、スルーパスを柏瀬が受けてドリブルしてセンターへと切り込み、これを太田泰河が受けて長い距離を対角に走り込んで右に流れる秋葉にパス。秋葉は右サイドからワンタッチでゴールに流し込んだ。GK山田まで相手ゴール前に祝福に走りこんで来るほどの歓喜。

そしてタイムアップ。

風に苦戦しながら掴んだチームワークでの勝利。

 

羽中田監督コメント:「この勝利は本当に応援していただいた皆様のおかげです。チームとしてはまだまだなところがありますが、しっかりとしたチーム作りを進めていきたい」

秋葉選手コメント:「皆様の気持ちがパワーになった。ありがとうございます。」

山崎選手コメント:「ただいま!辛いこともあったけど、これからは皆様を笑顔にしたいです」

坂谷選手コメント:「3連続得点となりましたが、これはチーム皆の得点です。」

<交代選手>
55分(後半10分) 15 菊島 卓->5矢部 雅明

55分(後半10分) 15 菊島 卓->5矢部 雅明

65分(後半20分) 18 坂谷 武春 ->14柏瀬 暁

70分(後半25分) 6 山崎 紘吉->25釣巻 涼

77分(後半32分) 20 石井 光->19太田 泰河

90+2分(後半47分) 10幡野 貴紀->24酢崎 祥人

<警告>

菊島(イエローカード)

 

———————ブリオベッカ浦安 得点ランキング———————

<今節>
坂谷 1点
秋葉 1点
<累計>
坂谷 3点
村岡 1点
秋葉 1点

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top