2017.03.05

2017 1st.Stage 第1節 vs ヴェルスパ大分

ブリオベッカ浦安

VS

ヴェルスパ大分

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 1
1

2017.03.05 - Kickoff 13 : 00

開催場 : だいぎんサッカー・ラグビー場Aコート(大分県大分市)

2017年JFLの開幕戦はアウェイの大分。肌寒く、時折霧雨が舞う天気となった。
今年のアウェイユニフォームは3年ぶりに白が基調。ここにブリオベッカカラーの黒とゴールドが組み合わせられた。

スターティングメンンバーはGK本吉 DF笠松、篠原、金井、秋葉 MF矢部、坂谷、上松、富塚 FW田中、南部

控え:GK大野 MFキョンテ、都並、後藤22 FW清水、相馬

立ち上がりはお互いにスローなペースとなった。開幕戦でもあり、相手を探りながらの様子見。ヴェルスパ大分の高くて固いディフェンスになかなか切り込めないが、上松が積極的にミドルシュートを放つ。


逆に縦に繋がれてシュートを打たれるも枠を外れる。中盤でボールを奪い合う互角の戦い。
体が温まり次第にペースをつかみ始める。積極的に秋葉が前に上がりクロスを上げるが相手のサイドバックに寄られて的確なボールを出せない。
次第に中盤のやや後ろでボールをつなぎながら前線の動きを活性化させ、サイドに、そして中央に効果的なボールが出るようになる。しかしなかなかシュートに繋げられない。ヴェルスパ大分は右サイドからの速攻が的確だ。
結局前半はお互いにチャンスを活かしきれずに無得点で終わる。

ハーフタイムで齋藤監督は無失点でしのげたことを評価し、ボールを動かしながら相手を疲れさせ、そこから積極的に走って得点するようにコメント。

後半は動きが良くなる。

短いパスをつなぎながらサイドバックとサイドハーフがクロスを上げる。その間隙をついてボランチの上松がドリブルで突っかける。ようやく血の通ったサッカーに浦安応援団の士気も高まった。

後半10分、上松が左サイドからペナルティーライン上にいた坂谷にパス。坂谷は相手2名を交わして右足でシュート(本来左利)。

これがGKの指先をかすめてゴールに飛び込んだ、かと思われたがゴールポストに跳ね返る。そしてさらに反対側のゴールポストに当たり、前にこぼれたところを南部が左足で蹴り込んだ。2017年のファーストゴールは南部健造。



その勢いに乗って積極的に攻める浦安。しかし時間が過ぎるに従って徐々に守りの姿勢となってくる。齋藤監督はこの状態を打開するために清水を投入。その際にセンターバックの篠原を引っ込め、富塚にセンターバックを任せた。この攻めるメッセージが選手に伝わったのかどうか、リズムが掴めない。そして後半にFKからサイドを揺さぶられてゴールを決められてしまう。1−1。
その後は後藤と坂谷を交代させスピードを上げる。しかし攻めの反面、カウンターを受けて危ない場面が何度かあるが、これをGK本吉の好判断で切り抜ける。

最後に相手のCKを防いだところでタイムアップ。
ドローゲームとなったがアウェイで勝ち点1を得ることができた。

今回はリードしている中で勝ちたい気持ちが無意識に中盤が下がってしまったこと。清水も後藤も積極的に走ってはいたが孤立しがちだった。1点差で勝っている時、あるいは逆に失点した時、その状況を頭から振り払い、遮二無二ゴールを目指す姿にサッカーファンは魅了されることを肝に命じて次に備えたい。

 

(遠くまで応援にかけつけていただいた方々と試合後に撮影)

———————ブリオベッカ浦安JFL得点ランキング———————

<今節>

南部 1点

<累計>

南部 1点

 

Comments コメント

Comment RSS Feed

Post a Comment コメント投稿

お名前とメールアドレスは必須入力となっております。なお、メールアドレスは公開されません。





XHTML: 次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • (株)サジェスト
  • Nike
  • サムシングホールディングス

Page to top