2012.06.10

2012年関東リーグ2部後期1節 対東京海上日動

ブリオベッカ浦安

VS

東京海上日動

1
0 : 前半 : 0
1 : 後半 : 1
1

2012.06.10 - Kickoff 12 : 00

開催場 : 千葉県スポーツセンター東総運動場(H)

前半戦1節目で1−3と負けてしまった東京海上日動との試合。

 

浦安SCは長谷川と都並を先発からはずし、スピードのある本来サイドバックの正木をサイドハーフに。ボランチを市原1枚として攻めの姿勢を明確にした布陣となった。またこの日はクラブ関係者2名が誕生日とあって先発のFW藤崎(写真下 誕生日)のバースデーゴールも期待された。

関東リーグらしい攻守の入れ替わりの激しい、ボールがよく走る前半戦。お互いにシュートを打つもゴールならず。コーナーキック本数、シュート本数もほぼ互角の面白い展開だった。

浦安SCは右サイドから豊田、左サイドから正木が積極的に上がって攻撃。田中のヘディングと藤崎のスピードでゴールを狙った。

一方の東京海上日動はしっかりとしたパターンを身につけており、ボールを奪うと(彼らの)定石通りの攻めでボールをきわどいスペースからつないでシュートに持ち込む。それを永井の好セーブで止める。

結果どちらも得点がなく前半戦終了。

この日のボランティアはシニアサッカーの試合と重なり大人を集めるのに苦労したが、高校生と中学生、そして4名の小学生がサポートしてくれてテキパキと仕事が進んだ。

前半互角の戦いだったが、後半は浦安SCがスピードを活かして幾度もゴールに迫る強いサッカーが見られた。そして15分が過ぎたところで清水〜田中の行きの合ったコンビがゴールを生み出した。

(シュートシーンは冒頭の写真)

田中が体制を崩しながらもボールへの執着心を見せ、ボールはゴールに吸い込まれた。

その後左右にパスを揺らせながら何度もシュートに持ち込むが、東京海上日動の寄せの上手さに見事なボールを打ち込むことがかなわない。そんな中、後半30分を過ぎた当たりでペナルティーエリア内で痛恨のハンドでPKを与える。残り15分で1:1。

そしてそのままタイムアップ。

たくさんのボランティアと遠くまで駆けつけてくれたサポーターに勝利をプレゼントすることが出来なかった。

課題はペナルティーエリアでFWが「脅威」を与えるに充分ではなかったことだろう。守りはバックスもGK永井もしっかりと対応出来ていた。サイドからボールは出るものの、そのボールとFWの連携がちぐはぐ。せっかくセンタリングが上がっても適切な場所に選手がいない。ペナルティーエリアでボールを持っても小さなパス交換をカットされる。思い切ったミドルシュートや、しゃにむにゴール前で足を振り切る貪欲さが欲しい。

今期はこれで東総での試合が終わった。東総は旭市にあり、本日のNHKニュースでは震災で多くの犠牲を出されている。浦安と同じ痛みを持った街だ。グランド関係者もとてもフレンドリーかつ親身な対応で素晴らしい。浦安SCの試合の様子もロビーに写真入りで飾っていただいており、スポーツチームへの愛情が感じられる。

また機会を作って試合を行いたいと感じた。

 

 

 

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top