2012.05.20

2012年関東リーグ2部前期7節

ブリオベッカ浦安

VS

パイオニア川越

3
1 : 前半 : 0
2 : 後半 : 1
1

2012.05.20 - Kickoff 14 : 00

開催場 : 吉見町ふれあい広場陸上競技場(A)

若干の風下だった前半立ち上がり、相手の鋭い攻めに大きく揺さぶられ、立て続けにピンチを招くが、GK永井を中心に体を張ったプレーでピンチを防ぐ。11分、カウンターから大きなスペースへボランチ市原が走り込み、技ありシュートで1ー0。
この1点で、リズムがこちらにきて何度も決定機を作り出すが、なかなか点がとれない。するとこちらにミスが出だし、一進一退のゲームへと変わっていった。なんとか前半リードのまま折り返し、後半立ち上がりから鋭い攻めを繰り返すが、追加点奪えず、逆に68分われわれの陣地でミスが出て、そこからドリブルで持ち込まれ素晴らしいシュートを決められ1ー1。
失点のあと、気持ちが前に出たことがよかった。攻めの姿勢を貫き、疲れのみえる相手に対してサイド攻撃を繰り返し、74分村上がハーフラインから4人をちぎり、鋭いクロスにサイドバッグ正木がどんぴしゃで合わせた。2ー1。この一点で完全に流れがこちらにきた。
88分同じような形で村上が突破し、なかで待ち受けた清水が落ち着いて相手を交わしてシュート。3ー1。
これがダメ押し点となる。
その後も攻め続け、田中のシュートがポストに当たるなどたくさん好機を作ったが、追加点ならずそのままタイムアップ。
アウェイでの難しい試合を決して内容の良いとはいえない試合をものにできた。
次節ホームの日本工学院戦に向けてしっかり準備したい。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス
         

Page to top