2012.05.13

2012年関東リーグ2部前期6節

ブリオベッカ浦安

VS

三菱養和

3
2 : 前半 : 0
1 : 後半 : 0
0

2012.05.13 - Kickoff 14 : 00

開催場 : 市原緑地運動公園臨海競技場(H)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6節にしてようやく勝利をつかんだ。長いトンネルを抜け出した、という実感がある。

本日から長谷川太郎選手がスタメンに復帰。サイドバックの山崎選手は怪我の影響で欠場。

立ち上がりこそお互い余力がありボールはピッチを大きく動いていた。試合が動いたのは前半35分。センターからペナルティーエリアでボールを受けた長谷川太郎が「ここしかない」というピンポイントにシュートをしてゴールに突き刺した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その10分後の44分には飛び出した長谷川太郎にトミーが絶妙なスルーパス。相手ディフェンダーを翻弄して余裕のゴールを決め、本日2得点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり練習量豊富な浦安SCは最後まで走りきれる。

後半は蓮沼、村上、正木と相次いで選手を投入をすると流れがガラッと変わった。ボールがサイドを走り出し、センタリングからシュートを放つ回数が増えた。

特に関東リーグ初出場の正木が走りに走った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半20分を過ぎるともう浦安SCの攻撃が止まらない状態に。

そんな中、後半35分ごろに相手選手と交錯をしてトミーが担架で運ばれる事態になった。もう交代選手はいない。トレーナーの必死の対応で、足を引きづりながらトミーがピッチに戻る。田中をトップ下に移し、走れないトミーが前線に残るという苦肉の布陣。走れないトミーでも最前線に残ると相手ディフェンダーも残らざるを得ない。

後半43分、コーナーキックを得る。なんと走れないトミーがヘディングを決める。

 

 

これで3−0。

ようやく浦安SCらしい試合内容と結果が出た。

これで吹っ切れ!あとは勝利、勝利。

  • 株式会社マナビス
  • 建設の企画・設計・施工〜浦安・市川を中心とした関東地域の総合建設企業 株式会社ウラタ
  • 株式会社昭栄美術
  • サムシングホールディングス

Page to top